宮城舞 現役モデルが麻雀に没頭「普段使わない脳細胞を使う」生活の刺激に

 人気モデルの宮城舞が麻雀にベタ惚れだ。2年ほど前からハマり始めると、今では最低週1回は仲間と卓を囲む。モデルらしくカフェで1人おしゃれに過ごしているかと思いきや、スマートフォンで麻雀の対局番組を見ているという。「普段使わない脳の細胞を使うので、すごく刺激になっています」という宮城に、麻雀の魅力と向き合い方を聞いた。

 自分でも想像しないくらいにハマッた。初めて牌に触った3年前は「何かできそうだな」と思って挑戦したものの、周囲の人たちに「ボコボコにやられた」という。「負けず嫌いの性格が発揮されて、絶対に強くなりたいと思った」と本気になり、今では「その時の相手だった人をボコボコにしています」と笑った。

 昔から勉強が嫌いという宮城だが、なぜだか麻雀だけは真剣に向き合えた。「感覚で勉強できるというか、すぐに理解できるというか。人生で初めてぐらい、こんなに没頭するものが見つかった」と、新たな自分の一面に気付かされた。「自分の前に並べられた13個の牌が、これからどういう風に変わっていくのか予想をしながら、周りの様子も見る。普段使わない脳の細胞を使うし、生活にすごく刺激になっています」と、日々の生活にメリハリを与えている。

 麻雀とモデル業に、共通点も感じている。「麻雀は自分の牌をプロデュースする。それがすごく楽しい。もともと何かを考えたり、プロデュースしたりする好きで、だからモデルもやっていられる。だからうまくいったらすごくうれしいし、ダメならすごく悔しい」と真剣な顔つきで話した。「今の時代、かわいくておしゃれな人はたくさんいる。でもそれだけじゃ人の目にはつかない。自分をどう見せるかが私たちの仕事。それを卓上で繰り広げるのは似ていると思います」。ランウェイでも卓上でも、存在感を出せた者が勝者として生き残る世界だ。

 5月7日からAbemaTVの麻雀チャンネルで始まった対局企画「RTD Girl's Fight」には、「試合のつもりで戦う」という。「モデルの仕事でも、水着の撮影があるとなったら1週間くらい前から食事制限して、ジムにも行って、おなかにラインを入れなきゃってなる。麻雀でももちろん練習してから挑みます」と準備を整える。いざ対局となったら、そこからは普段は見せない闘争本能がむき出しだ。「本当はモデルらしく顔を作った方がいいんでしょうが、つい表情に出ちゃって(笑)でも、私が負けそうで悔しそうな顔をしていた時に、ファンの方から『あの顔いいよな』とコメントもらったりしたこともあります」と照れくさそうに明かした。

 最近では麻雀番組で宮城を知ったファンも増えた。「ファッション誌とか知らないような人に、街で声をかけられるようになりました。『いつも見てます』とか。麻雀を通じて私を知って、モデルとしての私も知ってくれたらいいですね」。麻雀好きのモデルから、その一歩先へ。勝負にこだわるむき出しの宮城が、また見られそうだ。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000