麻雀RTDリーグWHITE 43・44回戦 村上淳、瀬戸熊直樹がトップで準決勝圏内へ

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ」のWHITE DIVISION 43・44回戦が6月26日、AbemaTV麻雀チャンネルで放送され、村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)と瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)がトップを取り、村上は6位から4位へ、瀬戸熊は5位から2位へ、それぞれ準決勝圏内に浮上した。

 全選手残すところ6半荘となったWHITE DIVISION。43回戦の対局者は村上淳、勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、小林剛(麻将連合)。小林以外は3人ともマイナスポイントのため、誰もがトップが欲しいところだ。そんな中、開局早々スタートダッシュを決めたのは村上だった。東1局、親番で7800点、1万2000点(+300点)、7700点(+600点)と3連続で加点。一気に5万点台に乗せると、南場で追いかけてきた勝又を振り切り、10戦ぶりにトップを取った。「ホッとしました。今日の対局に臨むにあたって、コンディションを整え、お酒も断ってきたんでホントうれしいです」とプラスポイント復活に胸をなでおろした。

 44回戦の対局者は瀬戸熊直樹、内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)、鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、藤田晋(サイバーエージェント代表取締役社長)。対局前、瀬戸熊は残りの対局数を「6回しかない」ではなく「6回もある」と心に言い聞かせていた。全員2万点台という僅差で迎えた南1局。ここで瀬戸熊は8000点、さらに南2局でも8000点(+供託2000点)を加点し勝負を決めた。「東場では慌てずに守備を意識し、ワンチャンスでトップになれるような位置につけていようと思っていた」と、全体的に落ち着いて打てたと振り返った。今回のトップで5位から2位までランクアップしたが「このトップを生かすも殺すも次の対局が大切なので、粘り強く打っていきます」と冷静に“5回もある”残りの対局数を見据えていた。【福山純生】

 WHITE DIVISION 43・44回戦終了時点での順位、ポイントは以下のとおり。

 1位 小林剛(麻将連合)+208.3 2位 瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)+56.3 3位 鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)+53.9 4位 村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)+53.2 5位 勝又健志(日本プロ麻雀連盟)+8.1 6位 藤田晋(サイバーエージェント代表取締役社長)▲0.4 7位 石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)▲171.0 8位 内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)▲208.4  

 ◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ14人と藤田氏が「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ(藤田氏は両組に参加)、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。

(C)AbemaTV

▶過去の対局はこちらから

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000