麻雀・RMUリーグ第5節 多井が首位に浮上、松ヶ瀬快勝で上位混戦

 麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「RMUリーグ」の第5節が7月22日、スリアロチャンネルで放送され、多井隆晴が僅差ながら首位に浮上、松ヶ瀬隆弥が77.5ポイントを稼ぐ快勝で、上位争いに食い込んだ。

 27.2ポイントを稼いだ多井がリーグ首位に立ったが、この日の主役は松ヶ瀬。2回戦では役満・国士無双のアガリも含め、9万点超えの大トップを取るなど、大きくポイントを伸ばした。これで多井、岡澤、松ヶ瀬の3人が約24ポイント差で首位を争う混戦模様になってきた。

【第5節終了時点での成績】

 1位 多井隆晴+82.3

 2位 岡澤和洋+74.8

 3位 松ヶ瀬隆弥+58.1

 4位 谷井茂文▲33.6

 5位 河野高志▲58.6

 6位 阿部孝則▲124.0

 ◆RMUリーグ RMUリーグ所属のトッププロ6人によるリーグ戦。年間11節、1人最大40半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年のRMUリーグチャンピオンとなる。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH!から

▶視聴はこちらから


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000