麻雀・第34期十段位決定戦・2日目 藤崎智が連覇へ快走 役満・四暗刻も披露

<十段位決定戦>◇2日目◇8月19日◇日本プロ麻雀連盟チャンネル(FRESH!ほか)

 日本プロ麻雀連盟のタイトルの1つ「十段位」を争う、第34期十段位決定戦の2日目が行われ、連覇を狙う藤崎智が2日連続となるトップの+40.7、トータル+84.6で2位以下にさらにリードを広げた。

 段位によるトーナメントを勝ち抜いた4人と現十段位の5人で争われる決定戦で、藤崎は通算6回戦目となった対局で役満・四暗闇をアガるなど大トップ。2位の上田直樹に約70ポイントの差をつけた。「上田プロが迫ってきて、厳しい展開を覚悟しましたが、親の四暗刻で楽になりました。残り4回戦最後まで気を抜かず戦い抜きます」と、隙を見せなかった。


【試合結果】

1位 藤崎智+40.7

2位 仁平宣明+10.5

3位 上田直樹+9.7

4位 青山めぐみ▲10.8

5位 瀬戸熊直樹▲50.1


【2日目終了時成績】

1位 藤崎智+84.6

2位 上田直樹+15.8

3位 青山めぐみ+1.9

4位 仁平宣明▲33.9

5位 瀬戸熊直樹▲68.4


 ◆十段位 日本プロ麻雀連盟のタイトルの1つ。同連盟の段位制をベースにしたトーナメントが行われ、最終的に勝ち上がった4人と現十段位による5人で決定戦が行われる。


 ◆日本プロ麻雀連盟 1981年に設立。森山茂和会長、初代会長の小島武夫のほか、ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。

(C)日本プロ麻雀連盟チャンネル ※画像はFRESH!から

▶視聴はこちらから

▶次回の視聴はこちらから

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000