麻雀・シンデレラリーグ準決勝 中山百合子が首位 決勝進出4人が決定

 麻雀の女流プロ20人によるリーグ戦「シンデレラリーグ」の準決勝が9月13日に行われ、中山百合子(日本プロ麻雀協会)が首位をキープした。8選手から上位4人が決勝へ進出。初代シンデレラがついに決定する。

【準決勝終了時の成績】

1位 中山百合子(協会)+268.1

2位 高橋樹里(最高位戦)+254.5

3位 水口美香(協会)+178.6

4位 水谷葵(協会)+164.0

 以上4位までが決勝進出

5位 吉田葵(最高位戦)+120.1

6位 瑞原明奈(最高位戦)+54.3

7位 日向藍子(最高位戦)+17.7

8位 樋口清香(最高位戦)▲108.1

 ※協会=日本プロ麻雀協会 最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


 ◆シンデレラリーグ 女流プロ20人によるリーグ戦。1節で半荘5回、全4節で計20回を行い、上位16人が準々決勝で半荘4回を戦う。さらに上位8人が準決勝で半荘4回を戦い、決勝進出者4人を決定。決勝はポイントをリセットし、半荘4回で行われる。

(C)AbemaTV


▶視聴はこちらから


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000