中山百合子が初代シンデレラに 4戦3トップで圧勝/麻雀・シンデレラリーグ決勝

 麻雀の女流プロ20人によるリーグ戦「シンデレラリーグ」の決勝が10月14日、都内で行われ、中山百合子(日本プロ麻雀協会)が半荘4回のうち3回トップの圧勝で、初代シンデレラに輝いた。

 準決勝を1位で通過してきた中山は、予選からのポイントがリセットされた決勝の1回戦で、▲46.3のラス発進。他の3人に遅れを取ったものの「初戦がラスでよかった。その後に冷静に打てた」と優勝へとはやる気持ちを落ち着けると、続く2回戦でトップを取り早くも2位に浮上。3回戦のトップで首位に躍り出ると、最終4回戦も東2局でリーチ・ツモ・発・ドラ5の倍満をアガり、3人の大逆転の芽を刈り取った。「麻雀歴は3年目ですが、師匠にリーグに向けて特訓に付き合ってもらい、負けた時もメンタル面で支えてもらいました」と、明るいキャラクターの中山も声を詰まらせた。


【決勝結果】

1位 中山百合子(協会)+134.4

2位 水谷葵(協会)▲3.6

3位 水口美香(協会)▲56.1

4位 高橋樹里(最高位戦)▲74.7

 ※協会=日本プロ麻雀協会 最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


 ◆シンデレラリーグ 女流プロ20人によるリーグ戦。1節で半荘5回、全4節で計20回を行い、上位16人が準々決勝で半荘4回を戦う。さらに上位8人が準決勝で半荘4回を戦い、決勝進出者4人を決定。決勝はポイントをリセットし、半荘4回で行われる。

(C)AbemaTV

▶視聴はこちらから


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000