平賀聡彦が2代目RTD覇者に王手 前半終えて首位ターン/麻雀・RTDリーグ決勝

<RTDリーグ>◇決勝◇1日目◇10月26日◇AbemaTV


 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ」の決勝1日目が10月26日に行われ、平賀聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)が半荘4回を戦い、+62.5で首位に立った。2日目で計8半荘を行う決勝で、絶好の首位ターン。第2回大会の覇者へ、王手をかけた。

 半年以上に渡る長期リーグを勝ち抜いた4人による最終決戦。いきなり抜け出したのは平賀だった。1回戦の南2局1本場、トップを走っていた佐々木寿人から南・ホンイツ・ドラ3の1万2000点(+300点)を直取り。そのまま逃げ切りトップを取ると、その後の3回戦は2着、3着、2着にまとめ、4人の中で唯一ラスなしの好成績でまとめあげた。


 残すところ、半荘はあと4回。1日目を振り返り「結構アガれたのでよかったです。今日まあまあいい感じだったんですが、リードも1トップ分ぐらいしかないので、(リードは)ないものと思ってフラットな気持ちで頑張りたい」と話すように、半荘1回どころか肝心の1局が優勝の行方を左右する接戦だ。周囲も認める実力者ながら、ビッグタイトルに縁のない「無冠の帝王」。その名前を返上する時が近づいている。2日目(最終日)は、11月3日に行われる。

◆各選手のコメント


 小林剛 平たくなっちゃいましたね。結構押し気味に行って、うまく行き過ぎている感じはある。まあまあよかったんじゃないでしょうか。(2日目は)トップ1回では厳しいと思うので、2回を目指していきたいです。


 佐々木寿人 2日目に希望が持てる感じはします。


 白鳥翔 見てる人が楽しめる展開になったんじゃないかなと思います。


【決勝1日目終了時の成績】

1位 平賀聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)+62.5

2位 小林剛(麻将連合)+24.0

3位 佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)▲33.4

4位 白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)▲53.1


 ◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ14人と藤田氏が「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ(藤田氏は両組に参加)、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを半分持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。

(C)AbemaTV


▶決勝2日目(最終日)はこちら


▶過去のRTDリーグの対局はこちら

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000