金太賢が逆転で戴冠、4度目の挑戦で初の雀王に/麻雀・雀王決定戦

 麻雀プロ団体の1つ、日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王」を決める、雀王決定戦の4日目(最終日)が11月11日に麻雀スリアロチャンネル(FRESH!ほか)で放送され、3日目まで2位だった金太賢が逆転で優勝、決定戦4度目の挑戦で初の雀王に輝いた。

 完璧な内容で、100ポイント近い差を1日で引っくり返した。3日目まで首位を快走していた鈴木が絶不調の中、最下位から猛追してきた角谷とともに半荘5回戦で1、2着を独占する展開に。残り3回戦の時点で金、角谷、鈴木が横一線に並ぶ中、ここから金が2連勝。大きくリードを広げて首位に立つと、最終戦でも角谷の追い上げをしのいだ。


 悲願の初戴冠だ。過去3回の決定戦では2位、3位、4位が1回ずつ。「今回は1位がいいかな、なんて冗談を言っていました」とほほ笑んだ。ここ最近の状態について一番の仕上がりと自覚もあっただけに「(最終戦の)オーラスは、ちょっとこみ上げるものがありました」と明かした。


 複数の団体がある中で、タイトルを取ってこそようやく認められるプロ麻雀の世界。「この場に立って思うのは、雀王を取ってからがスタートだなということです。今日は思いっきり喜びますが、これからは雀王という看板と責任感を背負って、プロとしてさらに頑張っていきたいです」と語った。タイトルホルダーとなったことで、他団体との交流対局などでも出番が増える。2000人近くいると言われる麻雀プロの頂点に立つ戦いで、金が大きな一歩を踏み出した。


【最終成績】

1位 金太賢+183.9

2位 角谷ヨウスケ+125.7

3位 鈴木たろう▲71.5

4位 田内翼▲241.1


 ◆雀王 日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。1年をかけてリーグ戦を行う。最上位のAリーグ(14人)は全10節を戦い、上位3人が決定戦に進出。前年度優勝の雀王を含めた4人で争う。決定戦は4日に分けて、半荘20回戦を行う。


 ◆日本プロ麻雀協会 2001年に設立。主なタイトル戦は雀王、雀竜位、女流雀王、日本オープンなど。五十嵐毅代表理事。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH!から

▶視聴はこちらから


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000