Gカップグラドル篠原冴美「水着は体重よりもスタイルがよく見える」

 Gカップバストのグラビアアイドルとして活躍する篠原冴美(25)が、数々の水着を着こなしてきた経験から「水着は実際の体重よりもスタイルがよく見える」と語った。最近では麻雀のプロになったことから、麻雀専門誌の表紙も飾った篠原だが「水着は細く見えるんですよ」と、赤裸々な思いを明かした。

 1日6食、1回ご飯3合も日常茶飯事という大食いの篠原だが、グラビア撮影では最新水着の恩恵を十分に受けているという。「今の水着は、スタイルが細く見えるようになっているんですよ。だから、グラビアを見て『あんまり体重ないんじゃないの?』って思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです」と大きく首を横に振った。「もちろんしっかり身体を作られている方もいらっしゃいますが、少なくとも私の場合はそうではありません」と、照れながら話し続けた。


 公称ではB90・W57・H90という抜群のサイズだが、こと体重については大慌てで口をふさいだ。「16歳のころ、ブログに体重を42.8キロと書いてしまって。あれから9年ですけど、信じられないくらい増量しまして(苦笑)ただ、そのブログの数字がしっかりとウィキペディアに載っているので、次に公開されることがあったら、しっかりと更新されちゃいますね」と冷や汗をかいた。


 現在の体重を披露することは「正直、水着には慣れもあるので、恥ずかしさならセミヌードくらいですかね」と話した。11月19日には、最下位になると体重を公開する麻雀対局番組に出演が決まっている。「体重っていうのは、なんとも生々しいというか、ありのままですからね…」。体重公開の危機が迫った時、麻雀プロの篠原といえども牌が手につかないかもしれない。


 ◆篠原冴美(しのはら・さえみ) 1992年8月29日、京都府出身。中学生時代から芸能活動をスタートさせ、2010年にはミスヤングチャンピオンの初代グランプリに。グラビアを中心に活動し、恵比寿マスカッツの7期生メンバーとしても活躍した。2017年1月に麻雀プロ団体、日本プロ麻雀協会へ入会し女流麻雀プロとなった。

(C)AbemaTV

▶女性雀士、負けたら体重公開!「今日、体重発表します。」11/19(日)午後7時~

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000