麻雀からアイドル活動まで プロ級パフォーマンスで世に出る社内“部活動”

 社員間のコミュニケーションに悩む企業が多い中、社内での“部活動”がプロ級のパフォーマンスを発揮して、世に出るものが増えている。12月3日、サイバーエージェントグループ全体の社員で構成される約100人の麻雀部の頂点を決める「Cy高位決定戦」が、同社が運営する映像配信プラットフォーム「FRESH!」で配信され、麻雀プロ顔負けのスキルと大熱戦を見せた。また、今年5月にデビューしたアイドルグループ「東池袋52」は、既に3枚のシングルをリリースし、12月23日にはイベント出演も控えている。社内レクリエーションの域を超えた内容に、ファンもつき始めている状況だ。

 かつての社内部活動といえば、第一目標に「社内のコミュニケーションの活性化」に掲げるところが多かった。当然、今でも大きな意味合いを持つことに変わりはないが、本格的に取り組むことで、大きな意味を持ち始めている。たとえば麻雀。サイバーエージェントの藤田晋社長自ら、トッププロレベルの雀士ということもあってか、多数ある部活動の中で、人数も多ければレベルも高い。厳選したメンバーで、社外と「企業対抗戦」を行うこともしばしばで、9月には8社を集めて大会も行った。麻雀部部長の梅原晋平さんは「かなりたくさんの対抗戦をしています。おかげさまで仕事でも、ありがたい関係が結構生まれています」と明かした。もちろんギャンブル的な要素は一切なく、終わった後には両社で酒を飲み交わしながら、「あそこに一打はこうだった」「あっちの牌を切っていれば…」と麻雀談義に花が咲く。「あの打ち上げがすごく盛り上がるんですよ」と笑った。

 近年、社歴も社員も若いネット企業では、こうした社内活動が活発なところも多いが、その中でプロのアイドルグループを社内から生み出したクレディセゾンは実に特徴的だ。「東池袋52」を構成するメンバーは、初期24人に加え新メンバーが11人、サポートメンバー1人の計36人。すべて本社もしくは関係会社の社員で、公式ホームページを見れば所属部署まで分かる。主な事業内容は金融。かたいイメージもある創業66年の歴史を持つ企業からでも、こうした画期的な取り組みは生まれている。


 企業のイメージPRとなれば、著名人を起用したCMなどが代表格だが、社員が本気で取り組むアイドルグループだけに、芸能活動としてのアイドルグループとは、また違った支持を得ることもできる。本社があるサンシャイン60と隣接するサンシャインシティで行う“凱旋”ライブに、どれだけの社員とファンが集まるかも注目だ。


 年末ともなれば全社、部署、チームといったメンバーで、締めの忘年会が開催されると思われるが、この機会に社員同士で「プロデビュー、目指そうか」と本気で取り組んで見ると、企業も社員もまた違った景色が見えるかもしれない。

(C)AbemaTV

第6期Cy高位決定戦_サイバーエージェント麻雀部 | FRESH!(フレッシュ) - 生放送がログイン不要・高画質で見放題

サイバーエージェントで最も麻雀が強い社員は誰だ!? 2015年にスタートしたサイバーエージェント麻雀部の公式戦「Cy高位リーグ」。 約150名の社員が3つのリーグ(A1・A2・B)で半年にわたって戦い、20回戦の予選をおこなっています。 今回は、そのA1リーグ上位4名による決勝戦「Cy高位決定戦」(全4回戦)を初めて生中継。 予選トップ通過の藤田晋(代表取締役)に、サイバーエージェントグループの若手社員雀士が挑みます。 *対局者 A1リーグ上位4名による決勝戦 予選1位:藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役・2014麻雀最強位) 予選2位:音田光一(株式会社シロク) 予選3位:塚本泰隆(株式会社AbemaTV) 予選4位:丸本誠(株式会社グレンジ) *実況 日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会) *解説 張敏賢(RTD代表) 坂井秀隆(サイバーエージェント麻雀部顧問・最高位戦日本プロ麻雀協会) *ルール・システム ・赤なし、イッパツ・裏ドラあり ・2万5千点持ち3万点返し ・トビや、四風子連打・九種九牌等での途中終了なし ・順位点:1位+30、2位+10、3位-10、4位-30 ・オーラスあがりやめはトップのみあり ・時間制限:1半荘ごとに60分(60分を経過した局を打ち切って終了) ・全4半荘の合計点を最終成績とする ※放送終了時間は対局や進行状況に応じて変更となる場合があります。 ※対局者も配信スタッフもおおむね麻雀部員(素人)で初めてのチャレンジでございます。お見苦しい点、進行が拙い部分などはあしからずご了承ください。

freshlive.tv

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000