スパガ浅川、雀荘&対局番組に意欲「役の麻雀愛を引き継ぎたい」 麻雀漫画「咲-Saki-」実写ドラマ&映画に再登場

 アイドルグループSUPER☆GiRLSの浅川梨奈が、ドラマ・映画の出演をきっかけに趣味としている麻雀で、雀荘や対局番組へのデビューに意欲を見せた。

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」に出演している浅川と渡邉


 浅川は12月からTBS、MBSで放送されているドラマ「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」、同名の映画(1月20日公開)に、原村和(のどか)役で出演している。昨年12月の実写化第1弾に引き続き出演している浅川は「また和を演じさせていただいて光栄です。誰よりも麻雀を愛しているという役ので、そういう役作りをしました」と、スマホの麻雀アプリを駆使しながら、自分の中での麻雀愛を高めていったという。


 ストーリーでは、ネット麻雀界における伝説級の強者「のどっち」と呼ばれる原村が、清澄高校で宮永咲と出会い、リアル麻雀の魅力も感じていくが、浅川の中でも麻雀への思いが募っている。「知り合いの方が雀荘を経営されていて。まだ18歳なのですが、19歳になったら行かせてくださいと言いました」と、雀荘デビューの確約は取り付けている。


 また、近年増える対局番組についても意欲十分だ。「めちゃくちゃ出たいです! なんで呼ばれんのやろうと。原村和として麻雀をやらせてもらって、彼女の麻雀愛を引き継ぎたいなと思っているし、心から好きになってしまったので、そういう対局番組にもいつか出られたらいいなと思います」。AbemaTVでは、すっぴん・体重を明かされる企画番組もあったが、まったくひるむ様子も見せなかった。


 麻雀の実力としてはまだ練習中の身だが、役作りにも真剣な浅川であれば、短期間の特訓でもメキメキと上達する可能性は十分だ。4月に19歳となるが、直後に雀荘デビューし練習を積めば、来年の今頃には実写ドラマ・映画からさらに飛び出し、「リアル原村和」として麻雀界をにぎわせているかもしれない。


 ◆SUPER☆GiRLS 2010年に結成されたアイドルグループ。初期メンバーは全国7000人の応募から選ばれた。現在は第3期メンバーまで加入しており、計12人。2017年11月29日には、17枚目のシングル「汗と涙のシンデレラストーリー」をリリース。12月22日にデビュー7周年記念ライブ「~SUPER☆RAINBOW~」を竹芝ニューピアホールで行う。映像配信プラットフォーム「FRESH!」では冠番組「スパガ TIMES☆GOLD」に、毎週金曜日午後7時から出演中。

(C)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000