麻雀・RMUリーグ第9節 首位・松ヶ瀬隆弥がリード拡大

 麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「RMUリーグ」の第9節が1月13日、スリアロチャンネル(FRESH!ほか)で放送され、前節まで首位の松ヶ瀬隆弥がさらにリードを広げた。

 今節から上位4人のみでの戦いに絞られると、好調の松ヶ瀬は1回戦からトップ、2着、トップ、2着とすべて連対。65.7ポイントを稼ぎ、トータルでも2位の多井に64.7ポイントの差をつけた。「今日は牌の巡りあわせがよかったです。次節からはそろそろ多井さんとのポイント差も意識しながら戦っていきたいと思います」と、積み上げた貯金を武器に戦う構えを見せた。


【第9節終了時点での成績】

1位 松ヶ瀬隆弥+183.2

2位 多井隆晴+118.5

3位 岡澤和洋+44.2

4位 阿部孝則▲100.5


 ◆RMUリーグ RMUリーグ所属のトッププロ6人によるリーグ戦。年間11節、1人最大40半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年のRMUリーグチャンピオンとなる。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH!から

▶視聴はこちらから


【麻雀】第9期RMUリーグ第9節 | FRESH!(フレッシュ) - 生放送がログイン不要・高画質で見放題

今節はゲスト解説にμの2名にお越しいただきました! 今なお最前線で戦い続け、今期はμの頂点、将王に輝いた井出洋介プロ。 そして「こばごー」の愛称でおなじみの小林剛プロ。 2人の目にRMUはどう映るのか。じっくり解説していただきます! 【RMUリーグとは】 S級ライセンスもしくはR1で優勝したA級ライセンス、 またはクライマックスリーグで優勝したB級ライセンスのみが所属することができるプロリーグ。 【第9期の規定】 年間11節最大40半荘を行う。 第9期は6人打ちのため、第1節~第6節までは各節1人が抜け節となり、残り5人で抜け番制の5回戦を行う。 第7節は2人ずつ抜け番の6人打ちで6回戦行い、終了時に下位1名が脱落。 第8節は5人打ちで5回戦を行い、終了時に下位1名が脱落。 9~11節は上位4名にて、各節4回戦を行う。 【対局者】 松ヶ瀬 隆弥(+117.5) 多井 隆晴(+83.8) 岡澤 和洋(+56.9) 阿部 孝則(▲11.8) 【解説】 井出 洋介(麻将連合GM、第15期将王) 小林 剛(麻将連合) 【実況】 未定。決まり次第更新いたします ※2半荘目の東1局までは無料でご覧いただけます。以降は「麻雀スリアロチャンネル」会員様限定放送となります。 全編視聴するためには、チャンネルへのご入会が必要です。 RMU公式ホームページ http://www.rmu.jp/web/index.php ※著作権者の許可なくこの番組の内容の全て又は一部を複製・転載・転売・複写等することを固く禁じます。

freshlive.tv

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000