石橋伸洋、平賀聡彦が新シーズン初トップ/麻雀・RTDリーグWHITE 3・4回戦

<RTDリーグ2018>◇WHITE 3・4回戦◇2月1日◇AbemaTV

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」WHITE DIVISION 3・4回戦が2月1日に放送され、初戦ラスに甘んじた石橋伸洋と平賀聡彦(ともに最高位戦日本プロ麻雀協会)が、それぞれ新シーズン初トップを取った。

 WHITE 3回戦の対局者は石橋伸洋、鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、猿川真寿(日本プロ麻雀連盟)、和久津晶(日本プロ麻雀連盟)。初戦ラス発進の石橋に、焦りは微塵もなかった。東4局、リーチ・ピンフ・ドラで3900点(+300点、供託1000点)をアガると、南2局の親番でリーチ・ツモで3000点を加点し2着に浮上。点差1万点前後に全員がひしめき合うオーラスでは、リーチ・ツモ・ドラで4000点(+300点、供託1000点)と、RTDの名称由来でもあるアガリ(リーチ・ツモ・ドラの頭文字がRTD)でまくりトップを決めた。「3、4着との点差も近かったので、初戦はラスでしたが、2着でもよしの気持ちでした」と、絶対にトップを取るよりは、近くにあるラスを回避したほうがよいと考え、無欲の勝利を収めた。

 4回戦の対局者は平賀聡彦、勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、鈴木達也(日本プロ麻雀協会)、佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)。平賀は東1局でリーチ・七対子で3200点(+供託1000点)のアガリをものにすると、東4局で3000点、南1局で3200点と点棒を積み重ねた。さらにオーラスの親番では2900点(+1200点、供託2000点)、1500点(+1500点)と粘り腰を見せ、ド派手な高打点こそなかったものの、泥臭くトップを取った。「昨年も初戦ラス発進だったんですが、今年は早めに初日が出たんで、連勝できるように頑張ります」と、初トップに表情を緩めていた。【福山純生(雀聖アワー)】


【WHITE DIVISION 3・4回戦終了時点での順位】

1位 勝又健志(連盟)+73.1

2位 鈴木たろう(協会)+67.6

3位 平賀聡彦(最高位戦)+11.2

4位 石橋伸洋(最高位戦)+7.0

5位 鈴木達也(協会)▲2.3

6位 猿川真寿(連盟)▲43.1

7位 佐々木寿人(連盟)▲53.0

8位 和久津晶(連盟)▲60.5

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 3・4回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000