多井隆晴、小林剛が貫禄のトップ/麻雀RTDリーグBLACK 1・2回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」BLACK DIVISION 1・2回戦が2月8日に放送され、RTDリーグ 2016覇者の多井隆晴(RMU)と、昨年WHITEでトップ通過し、決勝に進出した小林剛(麻将連合)が開幕戦で勝利を収め、好スタートを切った。

 BLACK 1回戦の対局者は多井隆晴、白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、初出場の萩原聖人、瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)。多井は東1局、リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2で8000点を加点し波に乗ると、東2局で1000点(+供託1000点)、東3局で8000点、南2局で1300点、南3局で3900点と加点しながらゲームメイク。さらにオーラスの親番では、ピンフ・三色・純チャン、1万8000点でトップを決定づけ、最終的には+72.3ポイントを積み上げた。「純チャン三色をアガれて、ここからは多井タイムだと思ったら、萩原さんにやられちゃましたね。読みで通ると思っていた三万でロンって言われて、びっくりしました。今一度、気を引き締めて萩原さん対策を練らないと」と兜の緒を締めた。

 2回戦の対局者は小林剛、最年少初出場となる松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)。開局早々、松本が5万点近くまで点棒を積み上げていく状況の中、小林は冷静沈着だった。東1局3本場でリーチ・ツモ・ピンフ・タンヤオ・ドラ2で1万2000点(+900点)を皮切りに反撃開始。東2局で1000点、東3局2本場で2000点(+600点、供託1000点)と得意のジャブを繰り出し、オーラス親番でリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2で1万2000点、続く1本場で3900点(+300点)を加点し、まくりトップを決めた。「なんとか自分らしい麻雀でトップを取れてよかったです」と仕掛けの精度、リーチ判断に隙のない小林が、貫禄を見せつけた格好となった。【福山純生(雀聖アワー)】

【BLACK DIVISION 1・2回戦終了時点での順位】

1位 多井隆晴(RMU)+72.3

2位 小林剛(麻将連合)+68.2

3位 松本吉弘(協会)+20.6

4位 白鳥翔(連盟)+3.3

5位 萩原聖人▲26.8

6位 村上淳(最高位戦)▲33.0

7位 瀬戸熊直樹(連盟)▲48.8

8位 内川幸太郎(連盟)▲55.8

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 1・2回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000