白鳥翔 2勝目で2位浮上 瀬戸熊直樹は初トップ/麻雀RTDリーグBLACK 7・8回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」BLACK DIVISION 7・8回戦が3月1日に放送され、白鳥翔と瀬戸熊直樹(ともに連盟)がトップを取り、白鳥は4位から2位へ、瀬戸熊は7位と順位は変わらずも、プラス域を射程圏内に捉えた。

 BLACK 7回戦の対局者は白鳥翔、松本吉弘(協会)、多井隆晴(RMU)、村上淳(最高位戦)。集中力を高めるため、伊達眼鏡をかけて対局に臨んでいた白鳥は、東場で満貫を含む2度のアガリをものにし、トップに立つ。南場では松本の猛追を受け、2番手に後退するも、南2局1本場で発、中、ホンイツをアガって8000点(+300点、供託1000点)を加点。その後も粘り強くアガリを重ね、2勝目を挙げた。「最年少の松本さんと初対戦でワクワクしてました。まくられそうになりましたが、トップが取れたことは、これまでのRTD史上で一番うれしい」と先輩の意地を見せられたことに安堵した。

 8回戦の対局者は瀬戸熊直樹、小林剛(麻将連合)、萩原聖人、内川幸太郎(連盟)。瀬戸熊は予選3戦を終え▲118.3、総合7位と出遅れていたが「予選中盤あたりまでに±0になるよう、焦らずじっくりプラスを重ねていきたい」と落ち着いていた。攻守のバランスを慎重に見極めていた瀬戸熊が、勝負所と判断したのは南3局3本場。4人全員2万点台という僅差の状況下で腹を括り、リーチを決断。みごとアガリ切り、今期初トップを奪取した。「放銃を回避しながらきちっと点棒を守って、絶対的に自信のあるところだけは攻めようと考えていた」と振り返り、少しだけ目尻を下げた。【福山純生(雀聖アワー)】

【BLACK DIVISION 7・8回戦終了時点での順位】

1位 小林剛(麻将連合)+148.9

2位 白鳥翔(連盟)+76.9

3位 多井隆晴(RMU)+48.2

4位 松本吉弘(協会)+33.3

5位 萩原聖人▲8.1

6位 村上淳(最高位戦)▲29.0

7位 瀬戸熊直樹(連盟)▲69.0

8位 内川幸太郎(連盟)▲201.2

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 7・8回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000