鈴木達也、連続トップならプラス域復帰へ 麻雀・RTDリーグWHITE 13・14回戦 3月12日に放送

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」のWHITE13・14回戦が、3月12日に放送される。注目選手は「前回のトップで気持ち的にもリセットできたので、コツコツ積み上げていきたい」と落ち着いている鈴木達也(協会)だ。現在総合7位ながらも▲34.3、プラス域を射程に入れている。卓上のファンタジスタと称される鈴木が、その創造力を発揮したとき。観る者は魅了され、ポイントもプラス域に突入するにちがいない。【福山純生(雀聖アワー)】

【WHITE DIVISION 11・12回戦終了時点での順位】

1位 鈴木たろう(協会)+72.5

2位 平賀聡彦(最高位戦)+41.6

3位 和久津晶(連盟)+32.5

4位 石橋伸洋(最高位戦)+27.3

5位 勝又健志(連盟)+17.9

6位 佐々木寿人(連盟)+0.4

7位 鈴木達也(協会)▲34.3

8位 猿川真寿(連盟)▲157.9

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

(C)AbemaTV

▶RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 13・14回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000