瀬戸熊直樹「今シーズンで一番いい内容」で3勝目 小林剛は首位キープ/麻雀RTDリーグBLACK 15・16回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」BLACK DIVISION 15・16回戦が3月26日に放送され、瀬戸熊直樹(連盟)が3勝目、小林剛(麻将連合)は4勝目を挙げ、瀬戸熊は6位から5位、小林は首位をキープし、ポイントも200台に乗せてきた。

 BLACK 15回戦の対局者は瀬戸熊直樹、萩原聖人、村上淳(最高位戦)、松本吉弘(協会)。対局後、瀬戸熊は「今シーズンで一番いい内容だった」と語った。瀬戸熊の言う“いい内容”とは、大局観で場を俯瞰し、守るべき牌をきちんと守って、行くべき牌をきちんと行けたことを指している。東4局2本場でマンズホンイツ仕掛けの萩原に対し、腹を括ってマンズを切ってのリーチ宣言。リーチ・一発・ドラ3で8000点(+600点、供託1000点)をものにした後、卓上にいる者にしかわからない状況や心理を加味しながらの押し引きが冴え渡った。南1局親番で1万2000点、さらに南3局でも8000点(+供託1000点)を加点し、最終的には5万点超えで3勝目を挙げた。「南3局、松本さんの先行リーチ後の追っかけリーチは、戦略的には行きたく無い場面。でも調子の悪い松本さんと調子の上がっている僕なんで、めくりあいになっても負けないなという確信の元にリーチ宣言ができた。あの場面は自分を褒めたい」と振り返り「1回こういう半荘を作りたかった。そうすることによって、僕が点棒を持っている時に相手が前に出づらくなってくることもありうる」と今後の戦いに布石を打てたことに充実の表情を見せた。

 16回戦の対局者は小林剛、多井隆晴(RMU)、白鳥翔(連盟)、内川幸太郎(連盟)。ここまで7戦、小林は相対的にアガリ回数が多く、放銃は少ない。「ちょっと出来過ぎなので、このままいくとは思えません」とは言うものの、特筆すべきは放銃平均点が1900点と格段に低く、1度もラスが無いことだ。東1局1本場、十八番のスピードを重視した仕掛けでペースをつかむと、東3局の親番では一転、門前で攻める。1本場でリーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・三色で1万8000点(+300点)をアガると、続く2本場でも1万2000点(+600点)を加点。東場で一気に得点を叩き、6万点オーバーのトップで4勝目を挙げた。「全体的にうまく行き過ぎでしたね。珍しく門前の高い手が仕上がってしまって、鳴くつもりだったんですが」と苦笑しながらも首位をがっちりキープ。RTDの順位点は、1着順上がれば2万点換算されることを踏まえ「大きなトップよりは1着順も落とさないつもりで打っている。余計な着順ダウンをすれば、それだけで4万点減ることになるので」と、今後も着順取りに重きを置きながら戦っていくつもりだ。【福山純生(雀聖アワー)】

【BLACK DIVISION 15・16回戦終了時点での順位】

1位 小林剛(麻将連合)+258.0

2位 多井隆晴(RMU)+110.0

3位 白鳥翔(連盟)+85.9

4位 萩原聖人+45.8

5位 瀬戸熊直樹(連盟)▲4.6

6位 松本吉弘(協会)▲106.0

7位 村上淳(最高位戦)▲122.8

8位 内川幸太郎(連盟)▲266.3

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 15・16回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000