多井隆晴、8戦ラスなし「無理やりトップは狙わずに」/麻雀・RTDリーグBLACK 17・18回戦 3月29日に放送

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」BLACK 17・18回戦が3月29日に放送される。注目選手は、8戦を終えラス(4着)が一度もない、現在総合2位の多井隆晴(RMU)だ。

 昨年は予選最終戦で四暗刻をアガるも惜敗したが、連対率40.74%、平均打点8511点と出場15選手中では予選トップの数字を刻んだ。「(2着で終えた前局を振り返り)内容的には消化不良のところもあるんですけど、目標としている“ラスを食わない”は達成できている。このまま無理やりトップは狙わずに2着3着を頑張って、運がいいときだけトップ取る感じでプラスを積み重ねたい」と目標を忠実に完遂する覚悟だ。果たして次戦、多井に運が巡ってくるのか。それとも初めて土が付くのか。【福山純生(雀聖アワー)】


【BLACK DIVISION 15・16回戦終了時点での順位】

1位 小林剛(麻将連合)+258.0

2位 多井隆晴(RMU)+110.0

3位 白鳥翔(連盟)+85.9

4位 萩原聖人+45.8

5位 瀬戸熊直樹(連盟)▲4.6

6位 松本吉弘(協会)▲106.0

7位 村上淳(最高位戦)▲122.8

8位 内川幸太郎(連盟)▲266.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 17・18回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000