醍醐大が首位キープ 3節連続でプラスポイント/麻雀・最高位戦Aリーグ

 麻雀プロ団体・最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル、最高位の決定戦進出を争うAリーグの第3節が4月22日に行われ、前節まで首位だった醍醐大が今節もポイントを積み重ね、首位をキープした。

 醍醐はスリアロチャンネル(FRESH!ほか)での放送卓に登場。半荘4回を戦い1着から4着まで1回ずつだったが、1回戦で7万3600点の大トップを引いたことで、今節でも33.2ポイントを稼いだ。「最初の半荘は楽しかったですけど、2回戦からは結構ストレスがたまる展開でした。内容も結果も、ここまでとても良くやれているので、この内容のまま打ち続けられれば決定戦にいけると思います」と、手応えを感じていた。


【第3節終了時点での成績】

1位 醍醐大 +229.2

2位 近藤誠一 +143.2

3位 坂本大志 +99.4

4位 太田安紀 +50.0

5位 金子正輝 +39.1

6位 宇野公介 +30.4

7位 園田賢 ▲9.2

8位 中嶋和正 ▲22.5

9位 嶋村俊幸 ▲72.8

10位 松本浩司 ▲109.8

11位 新井啓文 ▲111.3

12位 齋藤敬輔 ▲270.7


 ◆最高位 最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。Aリーグは全12節、48半荘のリーグ戦を行い、上位3人と前年優勝の最高位の4人で決定戦を行う。決定戦は1日に半荘4回戦の5日制で、計20回戦行われる。


 ◆最高位戦日本プロ麻雀協会 1976年に設立。東京、関西、東海、北海道、新潟に拠点があり、所属会員数は約380人。主なプロは金子正輝、近藤誠一、村上淳、石橋伸洋、茅森早香、石井あや、大平亜季ら。主催タイトル戦は最高位、女流最高位、最高位戦Classic、發王戦、新輝戦、女流名人戦、新人王戦。代表理事・新津潔。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH!から


▶第43期最高位戦Aリーグ 第3節


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000