渡辺洋香がオーラス逆転で劇的優勝、女流プレミアトーナメント決勝へ/麻雀最強戦

 国内最大級のプロアマ参加の麻雀大会「麻雀最強戦2018」のファイナル(12月9日)進出へとつながる「女流プレミアトーナメント 新旧女王対決」が4月30日に都内で行われ、8人の女流プロが参加する中、渡辺洋香(最高位戦日本プロ麻雀協会)が優勝し、女流プレミアトーナメント決勝への進出を決めた。

 予選A卓をトップで通過した渡辺は、決勝卓では序盤から小笠原にリードを許し、吾妻とともに追いかける展開に。南場の親番をいかし一時は2400点差まで詰め寄ったが、再びリードを広げられると、オーラスには小笠原まで9200点差で突入した。ここで渡辺はダブ南を鳴いて一色手に進むと、残りのツモ牌もわずかというところでホンイツ・ダブ南の8000点をツモアガリし大逆転。初代女流最高位の勝負強さを見せつけた。「やっと勝てました。夢みたいです。放送対局でずっと負け続けていたので。見られているところで勝つのは十何年ぶりです」と感無量だった。


【決勝結果】

1位 渡辺洋香(最高位戦日本プロ麻雀協会)

2位 小笠原奈央(日本プロ麻雀連盟)

3位 吾妻さおり(日本プロ麻雀連盟)

4位 白田みお(RMU)


▶4/30(土)15:00~ 最強戦2018 女流プレミアトーナメント 新旧女王対決

▶5/5(土)15:00~ 最強戦2018 女流プレミアトーナメント 喧嘩上等


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000