瀬戸熊直樹が連勝、白鳥翔が知略を駆使し2位へ/麻雀RTDリーグBLACK 27・28回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」BLACK DIVISION 27・28回戦が5月7日に放送され、瀬戸熊直樹(連盟)と白鳥翔(連盟)がトップを取り、瀬戸熊は6勝目を挙げ4位キープ、白鳥は4勝目を挙げ、3位から2位へランクアップした。

 BLACK 27回戦の対局者は瀬戸熊直樹、小林剛(麻将連合)、多井隆晴(RMU)、萩原聖人。前戦でトップを取っていた瀬戸熊は、そのトップを価値あるものにするために、開幕から一度も取っていない2着を視野に入れていた。


 東4局、親番で2回のアガリをものにして、トップに立ったものの、南場では小林にまくられる展開に。しかし南4局の親番でリーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラで1万2000点を含む2回のアガリで小林をまくり、全20局という長丁場を制し、2連勝を決めた。2着より上の着順であるトップを取ったのだが「ポイントは考えずに、行けると思ったら行かなければいけない」と勝って兜の緒を締めた。

 28回戦の対局者は白鳥翔、内川幸太郎(連盟)、村上淳(最高位戦)、松本吉弘(協会)。白鳥は首位を走る小林を徹底的に研究し、今節限定の新戦術を練り上げていた。その戦術とは「打点のある仕掛け」と「スピードのある仕掛け」との使い分けだ。「前節までの布石として、仕掛けるとしたらしっかり目の仕掛け(打点のある仕掛け)を入れていたつもり。それが対局者の方たちに伝わっていれば、そろそろチェンジする頃かと思い、今節に限ってはワンランク、ツーランク(打点を)下げた仕掛けから始めて、イメージを逆手に取ってやろう」と対局に臨んでいた。


 東1局、スピード重視の三色仕掛けで1000点をアガってスタート。東2局の親番では、発・ホンイツと打点を加味した仕掛けで7700点を加点。宣言通り、スピードと打点の仕掛けを使い分けながらトップを取り、4勝目を挙げた。「相当苦しくてラス引かないように打っていた。こういう1回のトップを無駄にしないために、前節の我慢があるんで、ポイントを堅守できてよかった」と新戦術が功を奏し、総合順位も3位から2位へランクアップした。【福山純生(雀聖アワー)】

【BLACK DIVISION 27・28回戦終了時点での順位】

1位 小林剛(麻将連合)+325.4

2位 白鳥翔(連盟)+121.9

3位 多井隆晴(RMU)+104.6

4位 瀬戸熊直樹(連盟)+73.9

5位 萩原聖人▲70.3

6位 松本吉弘(協会)▲123.1

7位 村上淳(最高位戦)▲136.1

8位 内川幸太郎(連盟)▲296.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶ 5/14(木)21:00~ RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 29・30回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000