野添ゆかりが4戦3勝でブロック首位/麻雀・プリンセスリーグ 第1節Bブロック2卓

 女流プロ24人が頂点を争う麻雀ウォッチ・プリンセスリーグの第1節Bブロック2卓が5月15日にスリアロチャンネルで放送され、野添ゆかり(最高位戦)が半荘4回戦でトップ3回、2着1回の快進撃で、第1節を終えてBブロック首位に躍り出た。

 野添は1回戦、接戦の中2着に滑り込むと、続く2回戦はオーラスで大崎を1100点差でかわしてトップに。これで勢いづくと3、4回戦もトップを取るオールプラスの快勝だった。対局前には「自分の麻雀を一番よく見ている人に『お前はバランスだけで打っている』と言われた」と語っていたが、抜群のバランス感覚が光った。快勝には「とてもついていましたね。自分の麻雀には常に自信がないので、次の対局では今日より少しでも強くなっていたいなと思います」と、さらに上を目指していた。


【試合結果】

1位 野添ゆかり(最高位戦)+150.4

2位 大崎初音(協会)+52.1

3位 水瀬千尋(協会)▲75.1

4位 浅見真紀(最高位戦)▲127.4


【Bブロック第1節終了時点での成績】

1位 野添ゆかり(最高位戦)+150.4

2位 佐月麻理子(協会)+63.3

3位 三添りん(協会)+55.2

4位 大崎初音(協会)+52.1

5位 麻生ゆり(協会)▲3.7

6位 水瀬千尋(協会)▲75.1

7位 日向藍子(最高位戦)▲114.8

8位 浅見真紀(最高位戦)▲127.4


※協会=日本プロ麻雀協会、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


 ◆麻雀ウォッチ・プリンセスリーグ 最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、麻将連合、RMUの4団体から総勢24人の女流プロが集結し頂点を争う。24人を3ブロックに分けての予選(1人12半荘)、予選3~5位によるプレーオフ、予選1、2位+プレーオフ勝ち上がり者による準決勝、準決勝勝ち上がり者による決勝と進行していく。プレーオフ以降、予選のポイントはリセットされる。

(C)麻雀スリアロチャンネル

▶ 5/22(火) 17:00~ 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第1節・Cブロック1卓


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000