河野高志が卓内トップで2位浮上 首位は松ヶ瀬/麻雀・RMUリーグ第4節

 麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「RMUリーグ」の第4節が5月20日、スリアロチャンネル(FRESH!ほか)で放送され、河野高志がトップ2回、2着2回のオールプラスで+84.9をマーク。卓内トップで、リーグ2位に浮上した。首位には前節まで2位だった松ヶ瀬隆弥が首位に立った。

 前節に大きなマイナスを食らっていた河野だが、今節は絶好調。自身1回戦は松ヶ瀬に6万点台のトップを許す2着だったが、続く2回戦でトップ。3回戦で4万点の2着を取ると、最終4回戦でもトップを取った。対局後には「前回4ラスを食って、二度とトップを取れないんじゃないかと思いました」と、巻き返しに成功し笑顔が見えていた。


【第4節結果】

1位 河野高志 +84.9

2位 多井隆晴 +10.9

3位 松ヶ瀬隆弥 +7.4

4位 谷井茂文 +4.9

5位 岡澤和洋 ▲109.1

※阿部孝則は抜け番


【第4節終了時点での成績】

1位 松ヶ瀬隆弥 +75.7

2位 河野高志 +47.5

3位 岡澤和洋 ▲5.6

4位 谷井茂文 ▲14.2

5位 多井隆晴 ▲26.6

6位 阿部孝則 ▲79.8


 ◆RMUリーグ RMUリーグ所属のトッププロ6人によるリーグ戦。年間13節、1人最大49半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年のRMUリーグチャンピオンとなる。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH!から

▶第10期RMUリーグ第4節

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000