鈴木たろうが7勝目で首位に 平賀は14半荘ぶりのトップ/麻雀RTDリーグWHITE 35・36回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」WHITE DIVISION35・36回戦が5月21日に放送され、平賀聡彦(最高位戦)は14半荘ぶりとなる待望のトップを取り3勝目。6位へランクアップし、最下位脱出に成功した。鈴木たろう(協会)は7勝目を挙げ、3位から首位に躍り出た。

 WHITE 35回戦の対局者は平賀聡彦、鈴木達也(協会)、猿川真寿(連盟)、和久津晶(連盟)。東1局、平賀は親番でリーチ・チャンタ・三色で1万2000点を決めると、その後もここぞという場面でアガリをものにし、南4局も自らアガって渾身のフィニッシュ。実に14半荘ぶりとなるトップを取り、8位から6位にランクアップした。「長かったですね。トンネルが。今までのRTDの中で一番うれしいトップ。絶対負けられない戦いだった」と、うっすらと目尻に光るものがあった。

 当然、準決勝進出4人枠を目指している平賀だが、予選も終盤戦となり、降級システムも意識していたという。「チャンピオンとして、準決勝には残らないとダメだと思っている」。5位から8位の熾烈な直接対決を制し、RTD2017覇者が、反撃の狼煙を上げた。


 36回戦の対局者は、鈴木たろう、石橋伸洋(最高位)、佐々木寿人(連盟)、勝又健志(連盟)。東1局2本場で満貫をアガったたろうは、南1局2本場、南2局と連続で満貫をアガり、トップを快走していた石橋をまくる。そしてトップに立ってからもギリギリまで攻め込む姿勢を貫き、終わってみれば5万点オーバーで7勝目。「残り9半荘、いつも通りやんちゃはすると思うんですけど」とはにかみ「(対局者に)楽をさせたくない。オリるときでもわかりにくく、周りにプレッシャーをかける」と今後のビジョンを語った。


 これで総合ランキングでも佐々木、勝又を抜き、首位に立ったたろう。控室に戻った折、自然にガッツポーズが出た。【福山純生(雀聖アワー)】

【WHITE DIVISION 35・36回戦終了時点での順位】

1位 鈴木たろう(協会)+281.0

2位 佐々木寿人(連盟)+235.3

3位 勝又健志(連盟)+177.0

4位 石橋伸洋(最高位戦)▲88.5

5位 鈴木達也(協会)▲113.4

6位 平賀聡彦(最高位戦)▲119.7

7位 猿川真寿(連盟)▲156.6

8位 和久津晶(連盟)▲215.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶ 5/21(月)21:00~ RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 35・36回戦


▶ 5/24(木)21:00~ RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 31・32回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000