リーグ5位鈴木達也「第7節は正念場。南3局まで来ている」 麻雀・RTDリーグWHITE 37・38回戦 6月4日に放送

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ 2018」WHITE DIVISION 37・38回戦が6月4日に放送される。準決勝のイスは4つ。現在プラス域は鈴木たろう(協会)、佐々木寿人(連盟)、勝又健志(連盟)の3選手。4位~8位までは全員マイナス域という状況だ。

 RTDリーグ3年連続出場となる鈴木達也(協会)は現在5位で、4位の石橋伸洋(最高位戦)とのポイント差は▲24.9。ここまで18半荘を終え2勝と苦しい展開が続いている。「準決勝までは遠くはないんですけど、7、8位にならないよう安心感を持ってやりたい」とまずは降級争いからの脱出を目指す。「第7節(予選は第9節まで)は正念場。南3局まで来ているんじゃないかと思っている」と卓上のファンタジスタは、準決勝への道を自ら切り開く覚悟だ。【福山純生(雀聖アワー)】


【WHITE DIVISION 35・36回戦終了時点での順位】

1位 鈴木たろう(協会)+281.0

2位 佐々木寿人(連盟)+235.3

3位 勝又健志(連盟)+177.0

4位 石橋伸洋(最高位戦)▲88.5

5位 鈴木達也(協会)▲113.4

6位 平賀聡彦(最高位戦)▲119.7

7位 猿川真寿(連盟)▲156.6

8位 和久津晶(連盟)▲215.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶ 6/4(月)21:00~ RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 37・38回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000