ミスター麻雀・小島武夫さん通夜 野球界からもお悔やみ 加藤哲郎氏「麻雀の神様みたいな人」

 5月28日に心不全で亡くなった「ミスター麻雀」こと麻雀プロの小島武夫さん(享年82)の通夜が6月8日、桐ヶ谷斎場(東京都品川区)で営まれた。通夜には関係者、ファン含め約500人が参列した。華々しい活躍にファンから「ミスター麻雀」「小島先生」と呼ばれた偉大なプロの死に、野球界からもお悔やみの声が相次いだ。

元プロ野球選手、キャスター・佐々木信也氏

 「豪放磊落という言葉がありますが、まさにそのものズバリ。好きなことをやって生きてこられたんですから、うらやましい生き方です。スケールの大きな麻雀を打つ、僕の大好きなタイプ。こせこせしたアガリをしない。アガリの平均打点はほぼ満貫。10年ほど前に麻雀番組に出てくれないかと電話をもらってから交流が始まりまして、まあ楽しい麻雀でした。小島さんも私を気に入ってくださって、麻雀トライアスロンという番組で小島さんとは6回対戦させて頂きました。僕が5勝1敗なんですけど。こせこせする麻雀をやる人が多い中で、ダーンといったおおらかないい雰囲気を持っていました。ミスタープロ野球こと長島茂雄と似て、超一流の人が持っているオーラがありました」


元近鉄バッファローズ投手・加藤哲郎氏

 「麻雀の神様みたいな人でした。麻雀ファンに対しては低姿勢な態度で本当に親しみやすい方。それでいて麻雀に対しては貪欲であった方。勉強にもなるし、励みにもなるし、手が届かない存在なんですけど、目指すところであったりする方。だからみんなの気持ち、心の中にいつまでも残る人であるだろうし、僕らが普段麻雀をやってても、こんな打牌、こんな手でアガったら、小島先生が見たら笑われるだろうな。そういう感覚を常に持ちながら、麻雀卓という勝負の卓につくというのが、我々の恩返しの姿勢じゃないかなと思って、これからもそういう感じでやっていきたい。対局番組『麻雀最強戦2017豪傑大激突』で打たせて頂いたことは、一生の宝です。なかなか真剣勝負という形で対局出来る場はなかったんで、小島先生から見たら、真剣勝負の場ではなかったかもしれないんですけど」【取材:福山純生(雀聖アワー)】

(C)竹書房


▶5/31(木) 19:00~ 【第三回麻雀史上最強戦vol.1】


▶5/31(木) 20:00~ 【第三回麻雀史上最強戦vol.2】


▶5/31(木) 21:00~ 【麻雀最強戦2016 プレミアトーナメント 予選B卓】


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000