猿川真寿5勝目で5位へ 鈴木達也は連勝で4位キープ/麻雀RTDリーグWHITE 41・42回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ2018」WHITE DIVISION41・42回戦が6月11日に放送され、猿川真寿(連盟)が5勝目を挙げ、7位から5位へランクアップ。鈴木達也(協会)は4勝目を挙げ、マイナスポイントを▲14.9まで縮め、プラスポイント域にあと一歩と迫った。

 WHITE 41回戦、前対局まで2戦連続3位と苦しんでいた猿川は「ラスだけは引かない」と決意を持って卓に着いていた。


 対局者は猿川真寿、佐々木寿人(連盟)、平賀聡彦(最高位戦)、勝又健志(連盟)。猿川は東2局1本場で1万2000点(+300点)をアガって東場をトップで折り返すものの、南場で佐々木から猛追を受け、2番手に後退。しかし佐々木と600点差で迎えたオーラスでは、苦しい配牌からチートイツ・ドラ2を見事に仕上げ、逆転トップで5勝目を奪取した。


 「今期まだ大トップが1回もなくて、27対局あるうちで1回ぐらいは来ると思っている。それが次節に出せたら」と第8節を勝負所とにらんでいる。これで降級圏から頭ひとつ抜け出し、準決勝進出も見えてきた。

 42回戦の対局者は、鈴木達也、和久津晶(連盟)、鈴木たろう(協会)、石橋伸洋(最高位戦)。達也は「前回いいトップ取れた」と落ち着いていた。東2局、親番で和久津の先制リーチにダマテンで真っ向勝負。三色の手替わりを待つうちにツモったが、6000点を加点。さらに南1局、南3局でもアガリをものにし、今期初となる連勝で4勝目を挙げた。


 「マジ涙が出るほどうれしい。スキップして帰ろうかな」とはにかみながらも「3位の勝又にプレッシャーをかけられるような位置まで浮上できたことは大きい」と、予選残り6半荘で準決勝進出への手応えを確信に変えるつもりだ。【福山純生(雀聖アワー)】


【WHITE DIVISION 41・42回戦終了時点での順位】

1位 鈴木たろう(協会)+325.6

2位 佐々木寿人(連盟)+321.5

3位 勝又健志(連盟)+125.9

4位 鈴木達也(協会)▲14.9

5位 猿川真寿(連盟)▲135.8

6位 平賀聡彦(最高位戦)▲150.4

7位 和久津晶(連盟)▲228.0

8位 石橋伸洋(最高位戦)▲243.9


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶ 6/11(木)21:00~ RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 41・42回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000