本戦へ進むのは連盟、RMU、麻将連合のどこだ! 対局中/麻雀駅伝予選会最終日

 「麻雀駅伝2018」の本戦に出場する1チームを決める予選会の2日目(最終日)が6月15日に始まった。1日目を終えて日本プロ麻雀連盟(連盟)under50チームが1位、続いて連盟overが2位と、連盟2チームが本戦出場争いの主導権を握っている状況だ。3位に麻将連合、4位にRMUと、プロ団体としては規模が小さい両団体が、最大手の連盟にどこまで食い下がれるか。

 2日目は三人麻雀・半荘4回戦と、RTDルール(一発・裏ドラあり)半荘3回戦が行われる。


【1日目終了時点での順位】

1位 連盟under50 +75.3

2位 連盟over50 +29.3

3位 麻将連合 ▲43.2

4位 RMU ▲61.4

◆麻雀駅伝 「東風戦」(本戦6回戦/予選会4回戦)、西日本を中心に人気の「三人麻雀」(本戦8回戦/予選会4回戦)、一発・裏ドラなしルール(本戦6回戦/予選会3回戦)、RTDルール(一発・裏ドラあり 本戦6回戦/予選会3回戦)を、各チームが駅伝形式で選手を交代し戦うオリジナルルール。本戦には前年優勝のアマチュア連合、2位の最高位戦日本プロ麻雀協会、3位の日本プロ麻雀協会の出場が決まっており、残り1枠には予選会優勝チームが入る。

(C)AbemaTV

▶ 6/1(金)16:00~ 麻雀駅伝2018 予選会 1日目


▶ 6/15(金)16:00~ 麻雀駅伝2018 予選会 2日目


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000