松ヶ瀬隆弥が4戦3勝でリーグ首位快走/麻雀・RMUリーグ第5節

 麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「RMUリーグ」の第5節が6月23日、スリアロチャンネル(FRESH!ほか)で放送され、松ヶ瀬隆弥が半荘4回で3回トップを取り69.6ポイントを加算、リーグ首位をがっちりと守った。

 松ヶ瀬は「今日は配牌がよかった」と話すように、この日のスタートとなった2回戦から好調。トップを取ると3回戦こそ3着ながら、4回戦と5回戦で連続トップ。一気にポイントを伸ばし、2位の阿部孝則に対しても100ポイント以上の差をつけた。「今日は先手を取れて、主導権を握れました。いつ崩れるのかわからないのが麻雀なので、こういうツイていて勝ちやすい日にきちんと勝てたのはよかったと思います」と手応えを感じていた。


【第5節結果】

1位 松ヶ瀬隆弥 +69.6

2位 岡澤和洋 +49.0

3位 阿部孝則 +27.7

4位 多井隆晴 ▲70.2

5位 谷井茂文 ▲79.1

※河野高志は抜け番


【第5節終了時点での成績】

1位 松ヶ瀬隆弥 +147.3

2位 河野高志 +47.5

3位 岡澤和洋 +43.4

4位 阿部孝則 ▲52.1

5位 谷井茂文 ▲93.3

6位 多井隆晴 ▲96.8


 ◆RMUリーグ RMUリーグ所属のトッププロ6人によるリーグ戦。年間13節、1人最大49半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年のRMUリーグチャンピオンとなる。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH!から


▶6/30(土)11:00~ 第10期RMUリーグ第6節


▶過去のRTDリーグ 2018 WHITE DIVISION


▶過去のRTDリーグ 2018 BLACK DIVISION


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000