勝又健志3位、猿川真寿5位 ともにポイント伸ばす/麻雀RTDリーグWHITE 43・44回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ2018」WHITE DIVISION43・44回戦が6月25日に放送され、勝又健志(連盟)と猿川真寿(連盟)がトップを取り、勝又は7勝目、猿川は6勝目を挙げ、ともに総合順位は変らずも、ポイントを伸ばした。

 WHITE 43回戦、対局者は勝又健志、和久津晶(連盟)、鈴木たろう(協会)、佐々木寿人(連盟)。勝又の頭脳プレーが冴えたのは東2局。佐々木からの先制リーチを受けながら、テンパイ後に1巡、回してから追っかけリーチを決断した場面だ。下家の和久津がソウズのホンイツ仕掛けの中、勝又はテンパイ打牌で切った5ソウに反応しなかったことを確認すると「和久津さんがちょっと引いたのかな。であれば十分長引く可能性がある」と1巡の間につかんだ情報を生かしたリーチ判断を見せ、リーチ・ツモ・タンヤオで6000点を加点したのだ。その後、南1局1本場で満貫をアガってトップ目に立った勝又は、和久津との接戦を500点差で制しての7勝目。ポイントも200台が見えて来た。

 44回戦の対局者は、猿川真寿、石橋伸洋(最高位戦)、平賀聡彦(最高位戦)、鈴木達也(協会)。4位達也とは120.9ポイント差あった猿川は「達也さんと直接対決なんで、ここで勝つと大きい。リスクをどの程度負うのかが勝負所になる」とにらんでいた。

 東1局、2軒リーチに追っかけリーチを敢行した猿川は、リーチ・ツモ・三色・ドラ2で跳満を決めスタートダッシュに成功。その後も要所でアガリをものにし、6勝目を挙げた。「道中、調子良かったのに守っちゃって。下位争いに意識が強くいってしまったのは反省点」としながらも「結果的には(達也とトップラス)いい着順で終われた」と4位達也とのポイント差を一気に9.9にまで縮めた。予選は残り5半荘。「(今節)残り2戦で4位以上には入っていたい」と今年も昨年同様、最終コーナーでまくりを見せるため、自ら舞台を整えた。【福山純生(雀聖アワー)】

【WHITE DIVISION 43・44回戦終了時点での順位】

1位 鈴木たろう(協会)+306.3

2位 佐々木寿人(連盟)+278.5

3位 勝又健志(連盟)+177.3

4位 鈴木達也(協会)▲61.3

5位 猿川真寿(連盟)▲71.2

6位 平賀聡彦(最高位戦)▲173.7

7位 和久津晶(連盟)▲217.1

8位 石橋伸洋(最高位戦)▲238.8


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 43・44回戦


▶6/28(木)21:00~ RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 45・46回戦


▶過去のRTDリーグ 2018 WHITE DIVISION


▶過去のRTDリーグ 2018 BLACK DIVISION


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000