河野高志が4戦3トップの快勝/麻雀・RMUリーグ第6節

 麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「RMUリーグ」の第6節が6月30日、スリアロチャンネル(FRESH LIVEほか)で放送され、河野高志が4戦3トップの好成績で86.2ポイントを稼ぎ、リーグ首位を走る松ヶ瀬隆弥との差を縮めた。

 松ヶ瀬に約100ポイント差の2位だった河野は、1回戦で6万点に迫るトップを取ると、自身の3戦目、4戦目でもトップ。松ヶ瀬もポイントを上乗せしたが、それを上回る成績で、他の4人がトータルマイナスで苦しむ中、2人で抜け出した格好となった。対局後、河野は「松ヶ瀬の背中を追いかけて、あわよくば抜いていきたいと思います」と61.9ポイント差を詰める意欲十分だった。


【第6節結果】

1位 河野高志 +86.2

2位 松ヶ瀬隆弥 +48.3

3位 多井隆晴 ▲17.5

4位 阿部孝則 ▲28.9

5位 岡澤和洋 ▲89.9

※谷井茂文は抜け番


【第6節終了時点での成績】

1位 松ヶ瀬隆弥 +195.6

2位 河野高志 +133.7

3位 岡澤和洋 ▲46.5

4位 阿部孝則 ▲81.2

5位 谷井茂文 ▲93.3

6位 多井隆晴 ▲114.3


 ◆RMUリーグ RMUリーグ所属のトッププロ6人によるリーグ戦。年間13節、1人最大49半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年のRMUリーグチャンピオンとなる。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH LIVEから



▶7/7(土)11:00~ 第10期RMUリーグ第7節


▶過去のRTDリーグ 2018 WHITE DIVISION


▶過去のRTDリーグ 2018 BLACK DIVISION


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000