鈴木たろう首位独走 石橋伸洋は最下位脱出/麻雀RTDリーグWHITE 47・48回戦

 トッププロが集う麻雀リーグ「RTDリーグ2018」WHITE DIVISION47・48回戦が7月2日に放送され、鈴木たろう(協会)と石橋伸洋(最高位戦)がトップを取り、たろうは9勝目を挙げ首位をキープ。石橋は通算5勝目を挙げ、最下位を脱出し7位へ浮上した。

 WHITE 47回戦の対局者は鈴木たろう、鈴木達也(協会)、平賀聡彦(最高位戦)、和久津晶(連盟)。東1局、満貫スタートを決めたたろうは東4局、14巡目に圧巻のリーチ判断を見せた。「ヤミテンでもよかったんですけど、放銃のリスクは鳴きが無ければ1回だけ。和久津さんから一発とホーテイロンが取れるんで、ピンフのみリーチですけど、割がいいなと思った」と追っかけリーチを決断。見事リーチ・一発・ピンフ・ドラで満貫と最高の結果を引き出した。最終的には6万点オーバーのトップを取り、ポイント400台も見えてきた。

 48回戦の対局者は石橋伸洋、勝又健志(連盟)、猿川真寿(連盟)、佐々木寿人(連盟)。石橋はポイントが近い猿川にだけはトップを取らせまいとマークしていた。東4局の親番で、連続でアガリをものにしてトップに立った石橋は、南2局、猿川の親番時に満貫を決めて引き離す。そのまま逃げ切り、待望の5勝目を挙げた。泣いても笑っても残す予選は各選手3半荘。最終戦は総合順位で組み合わせが決まるため「予選最終戦は1、2、7、8位卓には入らないよう、6位につけたい」と準決勝進出を勝ち取るため、石橋はあらゆる可能性を追い求めていく。【福山純生(雀聖アワー)】

【WHITE DIVISION 47・48回戦終了時点での順位】

1位 鈴木たろう(協会)+392.0

2位 勝又健志(連盟)+249.5

3位 佐々木寿人(連盟)+182.5

4位 鈴木達也(協会)▲95.1

5位 猿川真寿(連盟)▲110.1

6位 平賀聡彦(最高位戦)▲151.9

7位 石橋伸洋(最高位戦)▲174.4

8位 和久津晶(連盟)▲292.5


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆RTDリーグ サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が、2016年に立ち上げた長期リーグ戦。各団体のトッププロ15人に加え、芸能界から萩原聖人が参戦。「BLACK DIVISION」「WHITE DIVISION」に分かれ、1人半荘27回戦を行う。上位4人ずつがポイントを持ち越して、準決勝に進出。さらに勝ち抜いた4人がポイントをリセットして決勝で争う。今期から新たに降級システムが導入され、各組予選8位は自動降級、各組予選7位は推薦者2人と入れ替え戦を行う。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 47・48回戦


▶過去のRTDリーグ 2018 WHITE DIVISION


▶過去のRTDリーグ 2018 BLACK DIVISION


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000