仲林圭が独走状態 放送卓では掘がトップ/麻雀・雀王戦Aリーグ第6節

 麻雀プロ団体の1つ、日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王」への挑戦権を争う雀王戦Aリーグの第6節が7月8日に行われ、リーグ首位の仲林圭がさらにポイントを積み上げ、2位に305.1ポイント差をつける独走状態に入った。

 第5節を終えて首位だった仲林は今節、絶好調。15人のうち唯一100ポイント台の+170.9と荒稼ぎし、トータルポイントでも500ポイント台に迫る+482.1まで積み上げた。また放送卓では、雀王決定戦進出の上位3人を目指す掘が奮闘。1回戦で大きなトップを取ると、その後は2着、3着、3着とまとめた。


【第6節終了時点での成績】

1位 仲林圭 +482.1

2位 下石戟 +177.2

3位 堀慎吾 +158.0

4位 宮崎和樹 +126.3

5位 阿賀寿直 +105.0

6位 須田良規 +102.2

7位 鈴木たろう +23.5

8位 小川裕之 ▲9.7

9位 橘哲也 ▲53.4

10位 田内翼 ▲72.5

11位 矢島亨 ▲104.8

12位 小室勇人 ▲133.5

13位 角谷ヨウスケ ▲153.2

14位 佐久間弘行 ▲299.4

15位 木原浩一 ▲354.8


 ◆雀王 日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。1年をかけてリーグ戦を行う。最上位のAリーグ(14人)は全10節を戦い、上位3人が決定戦に進出。前年度優勝の雀王を含めた4人で争う。決定戦は4日に分けて、半荘20回戦を行う。


 ◆日本プロ麻雀協会 2001年に設立。主なタイトル戦は雀王、雀竜位、女流雀王、日本オープンなど。五十嵐毅代表理事。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH LIVEから

▶第17期雀王戦Aリーグ 第7節


▶7/16(月)13:00~ 麻雀駅伝2018 2nd round


▶RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION


▶RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000