麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足 7チームで10月1日開幕 藤田晋氏「ゴールの1つは麻雀を五輪競技にすること」

 日本に全く新しい麻雀プロリーグが誕生した。一般社団法人Mリーグ機構は7月17日、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の発足を発表した。都内で行われた記者会見で、代表理事を務めるサイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長は「ゴールの1つは麻雀をオリンピック競技にすること」と宣言。7つのチームが参加した同リーグは、10月1日に開幕し、優勝チームには賞金5000万円が贈られる。

 Mリーグは、7つのチームが1チームあたり80試合のリーグ戦を行う、新たなプロリーグ戦。藤田社長は自身の麻雀についての経験を語りつつ「ビジネスに必要なことは麻雀から学んだといっても過言ではない」と断言。今回のプロリーグによって、麻雀のプロスポーツ化を推進するとともに、頭脳スポーツとしてのイメージの確立や、健全で安全な麻雀環境の整備を目指す。さらにゼロギャンブル宣言として、選手には賭博行為に関わらないことを求め、厳しい罰則を設けることも明かした。


 また、JリーグやBリーグの立ち上げに手腕を発揮した川淵三郎氏は最高顧問に就任。壇上で「藤田チェアマンから麻雀のプロリーグを作りたいというお話があって、即答でぜひやらせていただきたいと。麻雀は大好きですし、とても楽しい。このMリーグが日本全体に、麻雀のクリーンが伝わって、このゲームを楽しんでもらえるようになればいいなと心から念じています」と、期待を寄せた。


 7チームの選手は、主要のプロ5団体、約2000人のプロ雀士から各チーム3人ずつドラフトで指名する。ドラフトは8月7日に行われる。


◆記者会見の登壇者

一般社団法人Mリーグ機構 最高顧問 川淵三郎

株式会社コナミアミューズメント 代表取締役社長 沖田勝典

株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長 藤田晋

セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役社長グループCOO 里見治紀

株式会社テレビ朝日 代表取締役社長 角南源五

株式会社電通 代表取締役執行役員 高田佳夫

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 代表取締役社長 矢嶋弘毅

株式会社U-NEXT 代表取締役社長 堤天心


◆参加チーム名

KONAMI麻雀格闘倶楽部(コナミマージャンファイトクラブ)

渋谷ABEMAS(シブヤアベマズ)

セガサミーフェニックス(セガサミーフェニックス)

EX風林火山(イーエックスフウリンカザン)

TEAM RAIDEN/雷電(チームライデン)

赤坂ドリブンズ(アカサカドリブンズ)

U-NEXT Pirates(ユーネクストパイレーツ)

(C)AbemaTV

▶「Mリーグ」公式サイト 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000