田中圭&本郷奏多が麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足を祝福 田中「記念すべき日」

 俳優の田中圭と本郷奏多が7月17日、都内で開かれた麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足の記者会見に出演し、趣味である麻雀の新たなスタートを祝福した。

 Mリーグは、麻雀のプロスポーツ化を目的として、10月から7チームで開幕。麻雀プロの主要5団体、約2000人の中からドラフト会議で選手を選択、1チームあたり80試合を行う、他のプロスポーツばりのリーグ戦。リーグを運営するMリーグ機構のチェアマンは、過去の日本最大級のプロアマ麻雀大会「麻雀最強戦」に優勝した経験を持つサイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏、最高顧問にはJリーグ、Bリーグなどを手掛けた川淵三郎氏が就任した。


 応援するサポーター代表として出席した田中の麻雀歴は、小学校3年生から。「記念すべき日に呼んでいただきました。ゲームセンターで格闘ゲームが50円だったけど、麻雀ゲームが20円で。誰も座っていなかったのでやってみたのが最初です。しかも勝つと女の子が洋服を脱ぐので『なんだ、このゲームは』と思って、そこから本を読んだりしてルールを覚えました」とエピソードを披露し、詰め掛けた報道陣の笑いを誘っていた。また、日頃からプロ雀士と卓を囲むことがあるという本郷は「チャンスがあれば、どこかのチームの広告に使っていただきたいです」と、7チームを持つ各企業へアピールしていた。


 Mリーグは麻雀のプロスポーツ競技化、頭脳スポーツとしてのイメージの確立、健全で安全な麻雀環境の整備などに加え、2022年の冬季オリンピックの室内競技として認められあることも目標に活動をしていく予定。

(C)AbemaTV

▶「Mリーグ」公式サイト  

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000