麻雀企業対抗リーグ戦 7月度優勝はクレディセゾン 8社対抗で個人でも3位まで独占

 8つの企業が、社名を背負って競技麻雀を行う「麻雀企業対抗リーグ戦」の2018年度第1回大会(7月度)が7月29日に都内で行われ、クレディセゾンが+431.4で、粘るサイバーエージェントを抑えて優勝した。

 麻雀企業対抗リーグ戦は、各チームの4選手が半荘5回戦、計20回戦で争う団体戦。クレディセゾンは1回戦でいきなり+168.7とスタートダッシュを決めると、その後も+86.0、+100.6、+55.7、+20.4とオールプラス。個人でも1位から3位までを同チームの選手が占めるなど、磐石の強さを見せた。サイバーエージェントも3回戦でプラス200ポイント超の大勝利を収めたが、あと一歩届かなかった。


【試合結果】

1位 クレディセゾン +431.4

2位 サイバーエージェント +395.9

3位 Cygames ▲32.0

4位 凸版印刷 ▲54.2

5位 エイベックス ▲109.2

6位 講談社 ▲170.0

7位 コンカー▲222.4

8位 富士通▲249.5


 優勝したクレディセゾン林野社長のコメント 平均年齢が一番高いチームだが、キャリアが長い分だけの力はあると思っていたので、今日の結果をとてもうれしく思います。これからの人生は、麻雀への貢献をライフワークとしていきたい。


 ◆麻雀企業対抗リーグ戦 8つの企業が7、9、11、1月と4回にわたり戦った後、上位4社により年間王者決定戦を行うリーグ戦。各チーム4人が参加(登録は10人)し、1日で半荘5回戦を戦う。4人の合計ポイントで競い、半荘ごとのメンバー入れ替えは可能。一発・裏ドラ・赤あり。


▶8/5(日)12:00~ 麻雀駅伝2018 Final round


▶RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION


▶RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000