瀬戸熊直樹が3年ぶり6度目のファイナル進出決定/麻雀最強戦

 国内最大級のプロアマ参加の麻雀大会「麻雀最強戦2018」のファイナル(12月9日)進出をかけた「男子プロ代表決定戦 手役の極」が8月25日に行われ、瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)が優勝し、3年ぶり6度目となるファイナルへの切符を手にした。

 予選A卓を僅差のトップで勝ち抜き決勝に進んだ瀬戸熊は、決勝でも東1局の親番で早々にリーチ・一発・チートイツで9600点と先制攻撃に成功すると、東2局1本場でもリーチ・ドラ3の8000点(+300点)で加点。南場では多井隆晴、近藤誠一が必死に粘るも、オーラスでも自らアガり、決着をつけた。


 瀬戸熊はファイナルのB卓で日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル・雀王、全日本プロ代表の勝者、著名人代表決定戦 常勝の盾の勝者と対戦する。


【決勝結果】

1位 瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)

2位 多井隆晴(RMU)

3位 近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会)

4位 荒正義(日本プロ麻雀連盟)

(C)AbemaTV

▶RTD2018 SEMIFINAL 直前Special

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000