テレビ朝日「風林火山」の名で参戦 目指すは「1も2もなく優勝」/麻雀・Mリーグ

 目指すは1も2もなく、初代王者だ。新たに誕生した麻雀プロリーグ「Mリーグ」が10月1日、開幕する。企業の名を背負った7チームが、3人のプロ雀士たちの力をもって、半年近い長期リーグ戦に挑む。この初年度に名乗りを挙げた1社がテレビ朝日だ。日頃からCS・テレ朝チャンネルを中心に麻雀番組の放送実績もある同社は、コンテンツへの可能性を感じ、参戦を決めた。同社のチーム名は「EX風林火山」。そのチームマネージャーである藤沢晴信さんに、参戦の動機や意気込みを聞いた。

 参戦のきっかけは、麻雀番組を多数放送しているAbemaTVを共同運営する、サイバーエージェント藤田晋社長の声掛けから。「eスポーツの活性化も世界的な動きになる中『麻雀』というコンテンツにも、非常に可能性を感じた」という。「賭け麻雀、徹夜麻雀など、男くさい世界のイメージがあるが、Mリーグ発足を機に、健全化、競技化、メジャー化を期待したい」と、麻雀そのもののイメージ向上や認知度アップにも期待をかけている。


 麻雀という競技については「将棋の藤井七段など、圧倒的なスタープロが出ることが理想だが、麻雀の特性上なかなか難しい」と判断しつつ「魅力的な点としては、中高年男性に圧倒的な支持者がいること」と、そのパワーも認識している。「プロスポーツには企業の協賛が必須。健全化、プロ選手の意識改革および価値向上に尽力したい。協賛と健全化をミックスして、その層にアプローチできればと思う」と、もともの麻雀ファンに対して、プロリーグとして行われる新たな麻雀の世界を見せる意気込みだ。


 やるからには、中途半端なことはしない。目指すは優勝のみだ。ドラフトでは二階堂亜樹、滝沢和典、勝又健志といった、日本最大のプロ団体・日本プロ麻雀連盟のトップで活躍する3人を指名した。「何よりも優勝を目指す最強の3名ということで、総合的に判断し指名した。同団体所属で同年代と、チームワークもよく、大いに期待できる。1も2もなく優勝。レギュラーシーズンをトップで駆け抜け、その勢いでクライマックスシリーズも勝ち抜きたい」と、他を圧倒しようという構えだ。戦国時代に、かの武田信玄が旗で掲げたとされる「風林火山」。群雄割拠のMリーグの頂点で、その旗を大きく掲げることができるか。

(C)AbemaTV

▶10/1(月)18:30~ Mリーグ2018 開幕戦 赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvs TEAM 雷電vs U−NEXT Pirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000