赤坂ドリブンズ・園田賢、1番づくしで初陣飾る/大和証券Mリーグ2018 1回戦

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」の開幕戦が10月1日に行われ、赤坂ドリブンズのドラフト1位・園田賢(最高位戦)が、記念すべき開幕戦でトップを獲得した。

 開幕戦の対局者は園田、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、TEAM RAIDEN/雷電・萩原聖人(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)とドラフト1位選手4人の激突に。東1局、リーグ初のアガリとなる中・ドラ1で2600点を決めると、パブリックビューング会場では、早くも赤坂ドリブンズサポーターからガッツポーズが出た。


 一進一退の攻防で迎えた南1局。親番・小林が5連続でアガリを決め、6万点台のトップに躍り出たが、南3局に園田は親番でホンイツ・発・ドラ3で1万8000点を小林から直撃。これで一気にトップ目に立つと、オーラスでも自らアガリ切り、開幕戦を飾った。


 勝利者インタビューでは「緊張してガチガチだったが、とりあえずひと安心しました」と答えた園田だったが、開幕前インタビューでは「最終的に麻雀は点棒を持っているものが勝つ。ただアガるだけではなく、自分の様々な変化球を使って最終的にはトップであるところを見て欲しい」とコメントしていた。


 まさに有言実行となったが、ドラフト指名も1番目、ポンと発声したのも1番目、アガリを決めたのも1番目。「21人の選手の中で一番地味な選手です」と答えていた園田が、1番づくしを重ねての初勝利。赤坂ドリブンズの初陣を見事に飾った。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦) 4万2900点/+62.9

2着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合) 3万8400点/+18.4

3着 TEAM RAIDEN/雷電・萩原聖人(連盟) 1万6700点/▲23.3

4着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟) 2000点/▲58.0


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

▶10/1(月)18:30~ Mリーグ2018 開幕戦 赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvs TEAM 雷電vs U−NEXT Pirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000