デビュー戦から“SHOWTIME” ABEMAS白鳥が快勝/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」10月4日の1回戦が行われ、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)が初陣を飾り、チーム2連勝に貢献した。

 対局者は起家からU-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)と、4人全員リーグ初登場の対戦となった。


 対局前、白鳥は「ポイント的には余裕があったので、多井さんに繋がるように打ちたい」と前戦でトップを取っていたチームメイトの多井隆晴(RMU)に続いていこうと卓に着いた。


 初アガリは東2局。二階堂からの先制リーチを受けながら、スピードより打点を優先した巧みな仕掛けを見せ、西・ホンイツ・ドラ1で8000点を決めた。気持ちに余裕を持った白鳥は、東4局の親番で1万2000点(+1000点)、5800点(+300点、供託1000点)と連続で加点。4万点台のトップ目に立ったまま南場に突入すると、得意のゲームメイクでそのまま逃げ切り、初トップを取った。


 「対局前は緊張していなかった」とベストコンディションで臨んでいた白鳥だが「トップ目に立ってからは絶対にトップとりたいなと思っちゃって緊張してしまい、普段だったらやらないようなプレーもしてしまった」と反省。しかし最高の結果に「気持ちいいですね」と相好を崩した。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)4万4700点/+64.7

2着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)3万5200点/+15.2

3着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万1000点/▲29.0

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)9100点/▲50.9


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶10/5(金)19:00~ 大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000