「にやけちゃってすいません」多井隆晴がリーグ新6連続アガリで2連勝、チームは8戦5勝で首位快走/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」10月9日の2回戦が行われ、渋谷ABEMASの多井隆晴(RMU)がリーグ新記録となる6連続アガリを達成するなどして、自身2連勝を飾った。この結果、チームは8戦してなんと5勝目。まだリーグ序盤ながら、プラスポイントを唯一の300台に乗せ、開幕ダッシュに成功した。

 麻雀界において「最速最強」と言えば、この男だ。トップ目で迎えた東3局1本場から、多井のロケットに火がついた。2人のリーチをかいくぐり、タンヤオ・ドラ3で8000点(+300)をアガると、そこから怒涛のアガリラッシュ。これまでU-NEXT Pirates・小林剛が持っていた記録・5連続アガリについて「途中で気付いていたんですよ。ちょっと乱暴すぎましたかね」と笑いながら振り返ったが、卓上では強弱のついたアガリを重ね続けて新記録の6連続アガリ。点数もあっという間に6万7500点まで膨れ上がった。


 積み上げた大量リードを使って、その後は巧みに逃げ切りをはかった。オーラスでは猛追してきた朝倉について「もう負けたな、まいった、まいったと。でも2着でもいいよってみんなが言ってくれたので、それなら守っておこうと」と、確実に守備を固めると、結果は多井の求める方向へと転がり、トップを守ることに成功した。


 これでチームは8戦で5勝。4人で戦う競技だけに、勝率は.250に近づいていくはずだが、現在は.625。2着1回、3着2回、ラスなしで、平均順位も1.625とこれ以上ないような開幕ダッシュに成功した。「300(ポイント)勝っているチームとマイナス200のチームでは、やれることの幅が広がっていくと思うので、よりみなさまが楽しんでいただけるような麻雀を、渋谷ABEMASの3人は打っていきたいと思います」と、笑顔でインタビューを締め括った。最速にして最強のスタートダッシュを決めたABEMAS。これからは6チームの強烈なマークに中でどれだけ勝ち抜けるかが、初代王者に輝くための鍵となる。


【2回戦結果】

1位 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)4万8100点/+68.1

2位 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)3万8000点/+18.0

3位 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)2万4700点/▲15.3

4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)-1万800点/▲70.8

【10月9日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +340.5(8/80)

2位 赤坂ドリブンズ +206.8(6/80)

3位 U-NEXT Pirates +9.1(10/80)

4位 EX風林火山 ▲59.9(4/80)

5位 TEAM雷電 ▲136.6(6/80)

6位 セガサミーフェニックス ▲142.7(4/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲217.2(10/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

▶10/11(木)19:00~ 大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000