これぞ“ロボキラー”松本が7万点超の大トップ 小林から南場だけで約3万点奪取/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」10月12日の2回戦が行われ、渋谷ABEMASの松本吉弘(協会)が、7万2800点の大トップを取った。チームは10戦してラスなしの6勝目。トータルポイントでも2位の赤坂ドリブンズに約260ポイント差をつけ、快進撃をさらに加速させた。

 松本の異名は「卓上のヒットマン」。それがMリーガーとなった今では「ロボキラー」が定着しつつある。自身2度目のトップとなった試合では、その異名どおりの活躍を見せた。その徹底したデジタル麻雀から「ロボ」「麻雀サイボーグ」の異名を持つ小林に、強烈な一撃を浴びせたからだ。


 東場終了時、トップ目の小林は6万7500点、2着目の松本は4万7200点。約2万点の差がついていた。それでも「結構厳しいかなとは思っていましたが、上下縦長の展開だったし、まだ親番も1回あるので、全然トップを取る気で押していこうと思っていました」と、狙いを定めていた。すると松本の手元には、ピンフ・タンヤオ・一盃口・ドラ2と既に満貫確定の大物手。先にリーチをかけていた小林を追いかけてリーチすると、その小林から直撃。裏ドラも3枚乗せて倍満。2万4000点を奪い取った。


 強烈なアガリで一気にトップ目に立つと、ここから松本の独壇場。大量リードで悠々と進めると、南2局1本場では再び小林から北・ドラ2の5200点(+300点)を直撃。南場だけで3万点近くを奪取する“ロボキラー”ぶりを見せた。試合後には「(倍満は)すげえスカッとしました(笑)裏ドラ3つはたまたまですが。あれが完全にトップの要因になった」と思わず表情を崩した。対小林の相性については「Piratesと当たった3戦は全部小林さん(と対戦)。結果が伴ったのがうれしいです」と、あえて小林にぶつけた監督の采配に応えられたことを素直に喜んだ。


 チームはリーダー多井隆晴、白鳥翔、そして松本が2回ずつトップを取る磐石ぶり。まだ全80試合中10試合を終えたところだが、トッププロ同士の対決では、これ以上は望めないほどの出来だ。「序盤の快進撃は出来すぎですし、まだ10%ぐらいしか終わっていませんが、頑張りますので応援よろしくお願いします」。リーグ最年少、26歳の松本に「ロボキラー」に続く異名がつくころには、チームさらなる独走態勢を築く。


【2回戦結果】

1着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)7万2800点/+92.8

2着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻雀連合)3万8600点/+18.6

3着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)1万8100点/▲21.9

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)-2万9500点/▲89.5

【10月12日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +414.6(10/80)

2位 赤坂ドリブンズ +150.0(8/80)

3位 U-NEXT Pirates +39.5(12/80)

4位 セガサミーフェニックス ▲6.1(6/80)

5位 EX風林火山 ▲65.1.0(8/80)

6位 TEAM雷電 ▲177.3(8/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲355.6(12/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000