萩原聖人、悲願のプロ初トップ!「死に物狂いでアガりたかった」/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」10月18日の1回戦が行われ、チームカラーである黄色と黒のフェイスペイントで対局したTEAM雷電・萩原聖人(連盟)が、5戦目にしてMリーグ初、さらには麻雀プロとして初勝利を挙げた。

 対局者は起家からセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)。


 「自分の麻雀人生をかけて、Mリーグという舞台に立ちたい」。俳優・萩原聖人のプロ入り電撃宣言は、スポーツ新聞をはじめ各メディアで報じられた。しかし開幕日は2試合で3、4着。その後、2度登場するも4着、2着と要所で見せ場は作るものの、思うような結果が伴わず「Mリーグで打つ麻雀とはなんなのか」と模索していた。


 東1局、自他共に認める門前高打点スタイルの萩原が「死に物狂いでアガリたかったんで、格好つけている場合じゃない」と果敢な仕掛け攻撃を見せ、タンヤオ・ドラ4で8000点のアガリをものにした。


 東2局では「これまでのMリーグをよく見ていたら七対子は生牌(しょんぱい=河に1枚も捨てられていない牌)が山に残っているケースがすごく多いイメージがあった」と生牌だった東を待ち牌にしたリーチを決断。これを見事リーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ1と跳満1万2000点に仕上げて波に乗った。さらに南1局2本場ではダメ押しとなる跳満1万2000点(+600点、供託1000点)を加点し、麻雀プロとしてMリーグ初トップを取った。そして「正直、気丈に振る舞いつつもずっとトップ取れないんじゃないかと毎日思っていた」と誰よりも注目されるが故の苦しい胸の内を吐露した。


 フェイスペイントには、自身に対する気合い等ではなく、Mリーグにかける想いがあった。「昨日メジャーリーグでドジャースの選手がドジャースカラーのペイントをしていたんで、やってみようかなと思った」と明かし「今後雷電サポーターの方やパブリックビューイングに来てくれたファンの方も、より盛り上がってくれるんじゃないか」と麻雀のプロスポーツ化を目指す思いを込めていたのだ。ちなみにTEAM雷電のロッカールームではチームメイトの瀬戸熊直樹(連盟)と黒沢咲(連盟)も雷電カラーのフェイスペイントで気持ちをひとつにしていた。


 「Mリーグが面白いなと思ってもらえるような展開を作っていきたい」と、まだ誰も見たことの無い麻雀界の未来を模索し続ける男。麻雀プロとして、Mリーガーとしてその物語は始まったばかりだ。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)4万2000点/+62.0

2着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位)2万3400点/+3.4

3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)1万8400点/▲21.6

4着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位)1万6200点/▲43.8


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】 大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000