下石戟、雀王へさらに前進!2日目は1人浮きの快勝/麻雀・雀王決定戦

 麻雀プロ団体の1つ、日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王」を争う雀王決定戦2日目が10月20日に行われ、1日目を終えて首位だった下石戟が半荘5回戦のうちトップ1回、2着4回と連対率100%の好成績で、さらに2位以下との差を広げた。

 1日目終了時点では、現雀王の金太賢と競っていた下石だが、2日目の1回戦でいきなりトップを取ると、その後の4戦はすべて2着。抜群の安定感で、プラスポイント独占の1人浮きとなり、2位の金に154.7ポイント差をつけた。


 雀王決定戦は4日間、半荘20回戦で争われる。


【2日目終了時点での成績】

1位 下石戟 +214.2

2位 金太賢 +59.5

3位 仲林圭 ▲74.3

4位 宮崎和樹 ▲201.4


 ◆雀王 日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。1年をかけてリーグ戦を行う。最上位のAリーグ(14人)は全10節を戦い、上位3人が決定戦に進出。前年度優勝の雀王を含めた4人で争う。決定戦は4日に分けて、半荘20回戦を行う。


 ◆日本プロ麻雀協会 2001年に設立。主なタイトル戦は雀王、雀竜位、女流雀王、日本オープンなど。五十嵐毅代表理事。


(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH LIVEから


▶10/22(月)19:00~ 大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000