Mリーグ初の女流対決は“強気のビーナス”黒沢咲が制す!「殴り合い上等」の積極策で初勝利/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」10月22日の1回戦が行われ、TEAM雷電の黒沢咲(連盟)が自身3戦目で初のトップを獲得した。選りすぐりの女性雀士が集った歴史的な一局で、自身が目指す「美しくて力強い麻雀」を存分に披露した。

 対局者は起家からTEAM雷電・黒沢咲(連盟)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)。Mリーグ史上初の女性プロ4人による対局ということもあり、これまでになく華やかな雰囲気の中での一戦となった。


 上智大学を卒業した才色兼備のセレブ雀士として知られる黒沢は“強気のビーナス”というキャッチフレーズ通り、前へ前へと攻める姿勢が最大の持ち味。ここまでの2戦はトップを獲得できずにいたが、この日はTEAM雷電のチームメイトである萩原聖人(連盟)と瀬戸熊直樹(連盟)に「思い切ってやってこい!」と背中を押されたこともあり、怯むことなく自分の麻雀を貫いた。


 それぞれ大きく点棒を動かすことなく迎えた東3局、親番の魚谷から先制リーチが入るものの、すかさず黒沢が追っかけリーチ。「ダマテンに構える選択肢もあったが、先の2試合ではそれで前に出られなくなった。引くつもりはありませんでした」と、リスクを恐れないこの勇気ある選択が功を奏して、黒沢は見事に一発でツモアガリ。リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ2で1万2000点(供託1000点)を加点し、一気に試合の主導権を握った。リーチをかけていなければわずか2700点の場面だっただけに、非常に大きな価値のある一打となった。


 その後の東4局、南1局でも積極的にリーチを仕掛けていた黒沢だったが、逃げ切りが見えてきたことで一転して冷静な打牌に方向転換。南2局ではテンパイ気配を消しつつピンフのみの1000点(供託1000点)、南3局は七対子・ドラ2の6400点と、着実に点棒を積み重ねて試合をクローズしにかかった。攻守に度胸と知性がにじみ出る華麗なスタイルはまさに才媛そのもので、中継で解説を務めていた赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)も「トップ目らしい立ち回りですね」と黒沢の打ち筋に感心している様子だった。


 そのままオーラスまで放銃なしで危なげなく逃げ切った黒沢は、自身3戦目にして嬉しいMリーグ初勝利。試合後のインタビューでは「これまでなら腰が引けてしまうような場面もありましたが、今日は殴り合い上等という強い気持ちで打てました」と感慨深そうに、いくらか緊張のほぐれた笑顔を見せた。


 インタビューの最後には、「今日は私のことを一番応援してくれている母の誕生日なので、こうしてトップを取ることができて嬉しいです」と最愛の母へ心温まるメッセージを送っていた黒沢。上位進出を目指すTEAM雷電にとって非常に大きな価値のある1勝であることはもちろんだが、それ以上に本人にとって忘れられない初勝利になったに違いない。


【1回戦結果】

1着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)4万7200点/+67.2

2着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)2万8100点/+8.1

3着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)1万7800点/▲22.2

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)6900点/▲53.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000