村上淳も「上手すぎる」と唸った! 魚谷侑未の“神回避”に絶賛の声が相次ぐ/麻雀・大和証券Mリーグ/麻雀・大和証券Mリーグ

 10月22日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。この日、唯一1回戦と2回戦の双方に出場したセガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)の“神がかった回避力”が、視聴者を大いに沸かせる一幕があった。

 Mリーグ初、女流雀士4人の対決となった1回戦の南1局2本場。1万6200点で4位のEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)の手が順調に成長し、やがてツモで役満・四暗刻、出アガリでも三暗刻・対々和・ダブ南・ドラ2の倍満という大物手に仕上がった。

 テンパイの時点で残り山にアガリ牌はなく、四暗刻の可能性は消滅。しかし1万6800点で3位の魚谷の手牌の中で、亜樹への当たりとなる5索が不要牌になっていた。場に供託のリーチ棒が4本もたまっており、トップまでの点差もそこまで大きくは開いていないことから、魚谷も鳴きを重ねて手を作っていく。問題は同局の最終盤、魚谷がテンパイを取るために3フーロ目となるポンを宣言した場面だ。


 一般的に、麻雀は鳴けば鳴くほどに安牌の選択肢が減り、防御力が下がっていくと言われている。この時点で、魚谷が切れるのはわずかに5牌。加えて手の中でもっとも浮いている牌が5索だった。しかし魚谷は5索をしっかりと残し、ほぼノータイムで2枚重なっていたドラの四万切り。結果的にそのまま流局となったものの、最善の打牌で放銃とノーテン罰符を同時に回避してみせた。

 トップオブトップの女性雀士たちが見せたギリギリの攻防。当たり牌を見切っていなければできない魚谷の神がかった打ち回しに、中継で解説を務めていた赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)は「ちょっと待って。さっきからこの人たち上手すぎるんだけど!」と大興奮。中継を見ていた視聴者からも「天才」「流石に魚谷さんつええ」「みんな超うまいぞ」「名勝負」「面白かった!」といった絶賛のコメントが殺到していた。


 魚谷はこの日の1回戦では3位に終わるも、続く2回戦も連投すると男性プロを相手に五角以上の戦いで2位を確保。役満・国士無双をテンパイし、オーラスの親番では連荘してトップとの差を縮めるなど多くの見せ場を作った。解説の村上が「とにかく技術が高い。魚谷は常々『麻雀に男女の差なんてない』と言っていますが、それを体現してくれていますね」と評したように、純粋な雀力の高さでファンを沸かせた“最速マーメイド”魚谷。今後も女流という枠を超えた活躍に期待したい。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000