瀬戸熊直樹、7戦で個人トップタイの4勝目 ライバル多井と併走「うれしいですね」/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月1日の2回戦では、TEAM雷電の瀬戸熊直樹(連盟)が自身4度目のトップを獲得。長年しのぎを削ってきたライバル・渋谷ABEMASの多井隆晴(RMU)に匹敵する活躍で、苦境のチームを力強く牽引している。

 2回戦の対局者は起家からKONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)、EX風林火山・勝又健志(連盟)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)。前原のみ1回戦からの連投となった。


 序盤は手が入らず、勝又と松本による激しいアガリの応酬を傍観していた瀬戸熊だったが、スムーズにテンパイにこぎつけた南1局で5巡目にリーチ。前原のリーチで追いかけられるも、終局が迫った15巡目にツモアガリ。リーチ・ツモ・ドラ・赤の8000点(+供託1000点)で僅差ながらもトップ目に立った。

 2着目に後退した親番の南3局では、瀬戸熊本人によると「誰でもアガれる配牌」を手にしてわずか4巡目でリーチ。「100人いたら100人が同じ最終型」というリーチ・ツモ・ピンフ・ドラの2600オールをしっかりとものにして再びトップ目に立ち、続く南3局1本場でも先制リーチをかけた。松本のリーチ宣言牌での放銃を引き出してリーチ・ドラで3900点(+300点)を上積みすると、視聴者からは瀬戸熊の止まらない猛連荘「クマクマタイム」への突入を期待するコメントが数多く寄せられた。


 しかしその後は無理に攻めることはなく、冷静な打牌でチームプレーに徹した瀬戸熊。しっかりとリードを守り切り、激しい2着争いを尻目に涼しい顔で4勝目を挙げた。


 瀬戸熊はこの試合を含めてここまで7戦4勝、トップ率は驚異の57%と素晴らしい活躍を続けている。インタビューでは「配牌と展開に恵まれました」とクールに試合を振り返りながらも、渋谷ABEMASの多井に並ぶ4勝目という話題を振られると「嬉しいですね」と顔をほころばせた。多井が連盟に所属していたころからライバルとして知られていた2人。多井がRMUを設立して袂を分かつことになったが、Mリーグという最高峰の舞台で火花を散らしている姿に胸を熱くしている麻雀ファンも多いようだ。


 チームメイトの萩原聖人(連盟)が口にしたことでちょっとした流行語になっている「雷電の麻雀は面白い」というキャッチフレーズについては、「萩原さんがトップを取った時に言ってもらいたい」とあえて口にしなかった瀬戸熊。このまま瀬戸熊と黒沢咲(連盟)の2人が好調をキープし、個人成績で最下位に沈む萩原が本来の力を発揮すれば、TEAM雷電が持ち前の面白い麻雀で順位表の上位を賑わせる日もそう遠くはないだろう。


【2回戦結果】

1着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)4万1200点/+61.2

2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)2万7600点/+7.6

3着 EX風林火山・勝又健志(連盟)2万1800点/▲18.2

4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)9400点/▲50.6


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


【11月1日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +188.6(24/80)

2位 U-NEXT Pirates +156.5(22/80)

3位 EX風林火山 +52.6(20/80)

4位 セガサミーフェニックス ▲6.1(20/80)

5位 TEAM雷電 ▲32.3(20/80)

6位 赤坂ドリブンズ ▲41.4(20/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲317.9(26/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000