まさに“アカギの打牌”オーラス・フリテンリーチで福本伸行が逆転優勝/麻雀最強戦・著名人代表決定戦 常勝の盾

 国内最大級のプロアマ参加の麻雀大会「麻雀最強戦2018」のファイナル(12月9日)進出をかけた「著名人代表決定戦 常勝の盾」が11月4日に行われ「アカギ」「天」といった人気麻雀漫画の作者として知られる福本伸行氏が優勝、ファイナル進出を決めた。

 福本氏は予選A卓を快勝の1位通過で貫禄を見せると、決勝卓ではラス目だった東4局1本場にドラの2筒をカンすると、さらにカンドラでも重なる豪運を見せ、リーチ・ドラ9の倍満1万6000点(+300点)の出アガリに成功。3着目だった南3局ではトップのアンジャッシュ・児嶋一哉からホンイツで7700点(供託1000点)で逆転し、トップ目に立った。それでもオーラス、ラス親だった俳優・金子昇の追い上げの前に2着目に引きずりおろされたが、最後はフリテンリーチで相手の出足を止め、自ら残り1枚のアガリ牌をツモって再逆転。波乱に満ちた対局に決着をつけた。これには実況席からも「恐ろしい!」「まさにアカギですね」「リアルアカギ」と絶叫が飛び交った。


 これで福本氏はファイナルでB卓に参戦。日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル・雀王、男子プロ代表の瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、全日本プロ代表の岩崎真(最高位戦日本プロ麻雀協会)と対戦することが決まった。


【決勝結果】

1位 福本伸行

2位 金子昇

3位 児嶋一哉

4位 植田佳奈

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】麻雀最強戦2018 著名人代表決定戦 常勝の盾

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000