“ツヨカワ”女流Mリーガー二階堂亜樹 リーグ初の個人3連勝にファン「鳥肌立った」/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月5日の1回戦では、10戦目にしていまだラスが一度もない二階堂亜樹(連盟)が、Mリーグ初となる個人3連勝を飾り、自身4勝目、チーム5勝目を挙げた。

 対局者は起家からU-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、TEAM雷電・黒沢咲(連盟)とリーグ2位から5位の4チームの対決となった。


 2連勝で勢いに乗る二階堂だが「トップは取ったけど反省がいっぱいあった」と前回トップに微塵も満足していなかった。このプロ意識の高さは、ミスター麻雀と呼ばれた故・小島武夫からもらった言葉「アマチュアより一段も二段も上にいかないとプロではない」が二階堂の心の中で生き続けていることの証だ。


 東3局、親番を迎えた二階堂に黒沢からドラ暗刻のダブルリーチが入った。しかも黒沢はリーチ後にドラをツモってきて暗カン。放銃してもツモられても大きな失点は免れないピンチの中、七対子で粘って流局に持ち込み、親番維持に成功。続く1本場、今度は村上からダブルリーチが入った。「2連続でダブリー? こんなことある? これは伝説の回だ」と解説の渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)も驚嘆。この局は黒沢がアガったため、二階堂は親番で2度、ダブルリーチを受けながらも失点せず、南場へ折り返した。

 二階堂が見せたのは南4局。トップ目・石橋とは1万5000点差、2着目・黒沢とは7800点差の3着目で、満貫アガれば2着、跳満ツモなら同点トップとなる状況。配牌で孤立していた「赤5索とドラ8索を使い切ろう」と満貫手を目指した。


 6巡目にドラの8索を重ねて、一万とドラ8索とのシャンポン待ちテンパイが入るが「シャンポンは頼りの一万が1枚切れているのと、ドラ8の索は出る牌ではないので、平和ドラ3のリーチ・ツモを狙ったほうがいい」と判断し、より良い形の待ちを求め、一万のトイツ落としを決断。その後カン6筒で再度テンパイが入るものの「6筒待ちは厳しい」とこのテンパイも外し、12巡目にカン4筒待ちとなり「勝負になる」とリーチを宣言した。

 石橋と村上からも追っかけリーチが入る中、リーチ・ツモ・ドラ3・赤を鮮やかに決め、1万2000点(+供託2000点)を加点。圧巻の大逆転トップでMリーグ初となる3連勝を決めた。「(4筒を)ツモったときはびっくりした」と笑みをこぼした二階堂。この劇的勝利に「すごいまくり!」「鳥肌立った」と視聴者コメントも沸いた。


 愛らしいルックスと卓上の勝負強さでファンを魅了した“ツヨカワ”女流Mリーガーには、ミスター麻雀もきっと微笑んでいるに違いない。【福山純生(雀聖アワー)】


【1回戦結果】

1着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)3万8100点/+58.1

2着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)3万5100点/+15.1

3着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)2万5900点/▲14.1

4着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)900点/▲59.1


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000