“侵略すること火の如く”EX風林火山・滝沢和典トップでついに首位奪還 チームは直近4戦で3勝/麻雀・大和証券Mリーグ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」11月5日2回戦で、EX風林火山・滝沢和典(連盟)が自身3勝目となるトップを取り、1回戦の二階堂亜樹(連盟)に続いてチーム2連勝を収めた。EX風林火山はここ4戦3勝と、この日試合のなかった渋谷ABEMASを一気に抜き去り、まさに火の如く首位に駆け上がった。

 対局者は起家からU-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)と個人成績トップ10に入っていた4人が激突した。


 1回戦トップの亜樹からバトンを受け継いでいた滝沢は「気持ち的には戦いやすい」と気負いはなかった。


 東3局では1巡目から積極的な仕掛け攻撃を見せ、南・中・ドラ3で8000点を決めた。南3局でも加点した滝沢は、トップ目で南4局の親番を迎えた。この時点で2着目・園田とは1800点差、3着目・瀬戸熊とは5300点差と僅差のため「伏せられない(ノーテンで対局を終わらせること)ということは、テーマが明確だったんで、2着よしじゃなくトップを狙いにいった」とリーチ攻撃に出たが流局となった。

 続く1本場、今度は5巡目に瀬戸熊からリーチ攻撃を受けた。8巡目にイーシャンテンとなった滝沢は、自らアガって突き放そうとリーチに通っていない牌を切って勝負に出た。しかしその牌を朝倉がポン。その仕掛けを見て「朝倉さんが仕掛けたんで、瀬戸熊さんと2人の打ち合いもあるなと思ったので、やめようと1巡で思考が変わりました」と戦況の変化に瞬時に対応した。


 結果、瀬戸熊が朝倉に放銃し、滝沢がトップのまま対局終了。チームは2連勝となり、EX風林火山が総合首位に躍り出た。


 対局後「麻雀番組を一切見なかった嫁がついにMリーグを見るようになりまして。隆晴、今日出るの?出ないの?なんかうるさいんだけど見ちゃうんだよね」と言われたことを明かし、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)に対して「負けないように頑張ります」と宣戦布告。


 個人スコアでも1位・多井、2位・二階堂に次ぐ3位に浮上しただけに、有言実行となれば、EX風林火山の首位は揺るぎないものとなるだろう。【福山純生(雀聖アワー)】


【2回戦結果】

1着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)3万2300点/+52.3

2着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)2万8500点/+8.5

3着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)2万7500点/▲12.5

4着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)1万1700点/▲48.3


※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会


【11月5日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +204.0(24/80)

2位 渋谷ABEMAS +188.6(24/80)

3位 U-NEXT Pirates +89.0(26/80)

4位 赤坂ドリブンズ ▲28.4(24/80)

5位 セガサミーフェニックス ▲40.6(22/80)

6位 TEAM雷電 ▲94.7(22/80)

7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲317.9(26/80)


◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsPirates

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000